03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

変形性股関節症改善の方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 股関節の痛みで歩行もままならない
  • 周りから歩いている時に体が左右に揺れていると言われる
  • 長く立っていると股関節が痛くなる
  • 座った状態から立ち上がる時、股関節に激痛が走る
  • 手術を勧められているが、他の治療方法がないか悩んでいる
  • 母親が変形性股関節症で自分もなってしまうのではないか不安がある
  • 靴下をはくのが大変

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは痛みやシビレの原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
痛いところだけ施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「変形性股関節症によるツラい痛みで、歩くのが嫌になった」

「病院で手術を勧められたが、不安で踏み切れない。手術ではない方法を試してみたい」

「何ヶ月も病院で保存治療をしているが、あまり効果を感じない。他の治療も試してみたい」

「色々な治療院に行ったがなかなか治らない、なんとかして欲しい」

という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。

 

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くの変形性股関節症の方が改善するのか?

整体院東葉コンディショニングでは、股関節を正しい位置に戻すだけではなく、そもそも股関節が本来あるべき位置からずれてしまった原因は何なのか、ということに着目し全身のバランスを見ていきます。

 

東葉コンディショニングの変形性股関節症施術

東葉コンディショニングの変形性股関節症に対する考え方と、施術方法の一部をご紹介します。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

東葉コンディショニングでは、病院のように症状が出ている股関節ばかりを診ているだけでは、不十分だと考えます。変形性股関節症による痛みを根本的に解消するには、股関節に掛かっている負担を減らす必要があります。

また、歩行などの動作の際に痛みが出るため、かばったカラダの使い方を続け、股関節だけではなく他の部位の状態も悪くなっている場合もあるので、カラダ全体を見ながらバランスを整えていくことが重要になってきます。

カラダ全体の歪みから改善

そのため、東葉コンディショニングでは、カラダ全体の歪みを治しバランスを整え、下肢アライメント(足部、足首、膝、股関節の配列)や骨盤や胸郭、背骨なども調整し、股関節への悪い影響を取り除いていきます。

カラダ全体のバランスが取れるようになると、股関節への過度な負担が減り、血液やリンパの流れが良くなり、自然治癒力を高め症状を改善させていきます。

 

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの徹底した変形性股関節症施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • カラダ全体のバランス調整
  • 生理湾曲の形成、骨盤、腰椎の動き改善
  • 胸郭のゆがみ調整
  • 下肢アライメント調整(足部、足首、膝、股関節の配列)
  • 股関節周辺の筋肉へのアプローチ
  • 股関節可動調整

などで、変形性股関節症になる原因を解消し、症状回復に導いていきます。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っている変形性股関節症による痛み・しびれを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

脊柱の生理湾曲の正常化

脊柱の生理弯曲の正常化

 

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

胸郭ゆがみ調整

東葉コンディショニングでは、体幹の機能不全の中でも胸郭のゆがみが股関節に与える影響も診て、ゆがみを治し可動の正常化を図ります。胸郭とは、胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部の骨格のことをいい、骨盤とともに体幹部を構成しています。胸郭は利き手の存在や、スポーツにおいては投球やスイング動作など一方向に偏ったカラダの使い方、いつも片側一方を下にして横向きで寝ているなどのクセから、非常にゆがみやすい箇所になります。

胸郭のゆがみは、下肢の関節の動きにも深い関わりがあります。

こちらの動画をご覧下さい。

これはうつ伏せの状態でテストをします。

右足を上げるときはまっすぐ上がるのに、左足をあげる際はお尻が斜め上に引きあがっています。

およそ9割の人は、胸郭の歪みによってこのような体幹の機能不全を生じ、股関節の動きにも悪影響を与えています。

この胸郭のゆがみを解消し、上半身と下半身が正しい運動連鎖をできるようにし、股関節部への過剰な負担がかからないようにしていくことは、股関節痛の症状を改善させていく上で重要になります。

足部調整

うつぶせで足部の調整を行い、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つを形成します。足部に正しいアーチを作ることで身体を支える安定力、衝撃吸収力、運動能力を機能させることが出来るようになります。

下肢アライメント調整

横向き寝の状態で施術をし、脚のねじれを改善させていきます。

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことです。カラダの土台になる下肢がゆがむと、歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。

下肢アライメントを整えることで、その上部ある骨盤、胸郭、背骨などが安定し、カラダ全体のバランスを向上させます。

臀筋ハムストリングス弛緩法

骨盤をゆがませる原因になる臀筋とハムストリングスをゆるめます。骨盤の安定化と股関節、膝関節の可動改善、下肢の疲労回復を図ります。

股関節調整

股関節に対し圧を掛け、硬くなった関節の動きを改善させていきます。さらに、股関節周辺の硬くなった筋肉を緩め、関節を正しく動かすことで、股関節のはまりを正常化します。

股関節調整(股関節モビライゼーション手法)

股関節を使う際に関わる筋肉を緩め歪みを調えた後は、股関節の可動調整を行います。

股関節の歪みを整えても、歩行時などに間違えた使い方をしていると、再び股関節に負担が掛かってしまいます。

正しい動かし方ができるように、カラダに股関節の可動範囲を覚えさせます。

長い間、股関節周辺の筋肉が固まっていた場合、股関節の滑り、転がりといった正常な関節運動ができなくなってしまいます。屈曲可動域を改善させ、正常な関節運動ができるようにします。

 

変形性股関節症の状を改善させるポイントは3つ!!

  1. カラダの歪みやねじれを解消し、全身のバランスを整えることで膝に掛かる過度な負担をなくす。
  2. 痛みで固まった筋肉、動きが悪くなった関節を正常な状態に戻していく。
  3. 変形してしまった股関節部分に負荷がかからないように 使えなくなってしまった身体の機能を元の状態に戻していく。

というステップを施術の中で行います。また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

 

変形性股関節症の症例

変形性股関節症による足を引きずるほどの股関節の痛み

40代女性 東京都墨田区 Nさん

産後から股関節が硬く可動域が狭くなるのを感じ始め、2週間ほど前から股関節の痛みが強くなり、足を引きずるほどにまで悪化してしまい、東葉コンディショニングに来院されました。

Nさんは、長く歩くと股関節に痛みが出やすく、カラダの状態を診ると足部のアーチが崩れ、足首、膝、股関節と下肢アライメントの崩れがありました。

1回目の整体施術では、下肢アライメント調整を中心に全身の調整を行い、股関節周りの緊張を緩めながら、股関節の可動調整を行いました。

整体施術後は、常に出ていた股関節の痛みは取れましたが、翌日来院された際に話を聞くと、整体施術後数時間後、歩いている時に股関節に痛みが出てしまったそうです。

Nさん自身も、今までに感じたことのないような痛みだったので1度病院で検査に行ったところ、変形性股関節症と診断されました。

その後、集中して整体施術を行い、回数を重ねるごとに股関節に痛みが出ていない状態が長く続く様になり、今では痛みを気にせず過ごせるようになりました。

仕事上、出張に行くことが多く、長時間歩く日が続くと、股関節にこわばりや痛みが出ることはまだありますが、以前のような足を引きずるような激しい股関節の痛みが出ることは無くなりました。

現在も、股関節の痛みが強く出ないくように定期的に来院されています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

ランニングによる変形性股関節症の痛み

40代男性 東京都 文京区 Mさん

習慣でほぼ毎日ランニングを行っているMさん。ある日ランニング中に股関節が痛くなり、歩行時にも痛みが出てしまうほどになってしまい東葉コンディショニングに来院されました

あまりにも痛みが強く、病院で検査したところ、変形性股関節症の初期段階だと診断されました。

Mさんに話を聞くと、ランニング前後のストレッチを怠ってしまったりすり減った靴を履いて走っているとのことでした。Mさんのカラダの状態を診てみると、立った状態での重心バランスが崩れており、足のアーチが崩れ、足首、膝、股関節を下肢全体の関節の可動が悪くなっている状態でした。

Mさんの1回目の整体施術では、カラダ全身のバランスを整え足のアーチの調整、足関節(足首)、膝、股関節の可動調整を行いました。整体施術後は、歩いた時の股関節の痛みは無くなりました。

Mさんの場合、痛みが出始めたきっかけはランニングでした。
再発予防のためには、整体施術でカラダの軸と下肢バランスを正しい位置に調整すると同時に、歩行時やランニング時に、負担を掛けないカラダの使い方を覚えなくてはなりません。

1回目の来院時から、整体施術を行った後に足首と膝の正しい使い方をカラダに覚えさせるためのトレーニングや、歩行時の足の使い方をカラダに覚えさせるトレーニングを行うようにしました。

Mさんは、3回目の整体施術まではランニングは行っていないとのことでしたが、毎日家でも足の使い方を覚えるトレーニングを行っていたため、3回目の整体施術後にランニングを行ったところ股関節の痛みが全く出なくなりました。

股関節の痛みが無くなっただけではなく、定期的な整体施術や毎日のトレーニングの効果により「以前よりも足が軽くて動かしやすくなりました!」と喜んでいました。

Mさんは、現在もカラダのメンテナンスのために月に一度定期的に来院されています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 1.通常の整体とは全く違う施術をします 1.通常の整体とは全く違う施術をします 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 3.当院独自のストレット等のアドバイス 3.当院独自のストレット等のアドバイス 4.施術は短時間 4.施術は短時間 5.整体記録ノート 5.整体記録ノート

 

 

変形性股関節症の痛み豆知識

変形性股関節症って女性に多いってホント?

A. はい、国内における変形性股関節症の有病率は1.0~4.3%で120万~510万人いると言われています。また、男性は0~2.0%、女性は2. 0~7.5%で、女性の方がかかりやすい傾向にあります

横座りや女の子座りが股関節によくないと聞いたのですが何故ですか?

A. 男性と比べ、赤ちゃんが通り抜けられるように女性の骨盤は横に広く股関節は浅いつくりになっています。

そのため脚を組んだり、横座りをしたり、脚を斜めに傾けたりしやすい構造になっています。

だから、この姿勢をとることで股関節に大きな負担を掛けてしまうのです。

しかも元々男性に比べ、女性の方が筋力が弱く靭帯も緩いため、不安定になる分、負担が股関節にかかりやすくなっています。

 

自分でできる変形性股関節症改善・予防エクササイズ

変形性股関節症の方に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

 

シムス位エクササイズ

<効果>

  • 骨盤、背骨の歪み矯正
  • 首、肩周り、腰背部の緊張緩和
  • 股関節、肩甲骨の柔軟性・可動域改善

骨盤コロコロストレッチ

<効果>

  • 骨盤の歪み調整
  • 股関節の可動域改善
  • 腰、股関節の連動向上

ワイパー

<効果>

  • 股関節の歪み改善
  • 股関節周辺の筋肉の緊張緩和

四つんばい股関節伸ばし

<効果>

  • 股関節の歪み・ねじれ矯正
  • おしり、太ももの緊張緩和
  • 腰痛、股関節痛の緩和

 

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早く症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢を取ったり、痛い動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

変形性股関節症とは

股関節は、下の図のように骨盤(腰の骨)と大腿骨(ふとももの骨)の継ぎ目にあたり、寛骨臼(骨盤側のおわん状のくぼみ)に、大腿骨頭(大腿骨先端の球状の部分)がはまり込んで形成されています。

寛骨臼も、大腿骨頭も、いずれも関節軟骨という弾力性のある組織に覆われており、関節の動きを滑らかにしたり、重力による股関節にかかる負荷をクッションのように受け止める役割を持っています。

また、寛骨臼は深いお椀状になっており、広い面積で大腿骨頭と接して体重を受けるので、負荷を分散することができます。

この股関節部分に掛かる負荷と、何らかの理由により関節軟骨がすり減り、骨同士がお互いにこすれ合い、寛骨臼と大腿骨頭が変形することによって、変形性股関節症は発症します。

変形性股関節症は進行度合いがあり、前期・初期・進行期・末期の4つに分かれています。

◆前期・・・レントゲンに変化なし
変形性股関節症の前期段階は、臼蓋形成不全などの股関節の形に異常があるが、軟骨のすり減りなどはまだ見られない状態です。

痛みはたまに見られる程度なので変形性股関節症と気づきにくいのが特徴です。

◆初期・・・骨の硬化がみられる/関節の隙間は少し狭いところも
変形性股関節症の初期段階は、軟骨が傷つきすり減りだし、関節の隙間(関節裂隙)が少し狭くなってきている状態です。

負荷が集中する箇所の骨が硬くなる「骨硬化」が見られ、レントゲンには白っぽく映ります。無理をすると痛みが強くなったりします。

◆進行期・・・関節の隙間が狭くなり骨棘ができる
変形性股関節症の進行期では、軟骨のすり減りが進んで関節の隙間が狭くなり、臼蓋と大腿骨がぶつかったり接する部分も出てきます。

骨硬化も進み「骨のう胞(こつのうほう)」という穴があくところが出てきたり、壊れた骨を補うために「骨棘(こっきょく)」という新しい骨の増殖が見られたりもします。股関節の痛みが強くなったり、可動域の制限が起き始めます。

◆末期・・・関節の隙間がなくなる
変形性股関節症の末期になると、軟骨がすり切れてなくなるため、関節の隙間もなくなります。骨硬化が広がり骨のう胞も増えます。骨が露出してぶつかるようになるため、骨がすり減り骨棘も成長し股関節自体が変形します。

股関節の痛みも可動域の制限も更に強くなり、歩行が困難になるなど、日常生活にかなりの支障が出てきます。

変形性股関節症になる原因とは

変形性股関節症には、原因がはっきりとわからない一次性変形性股関節症と、原因がはっきりしている二次性変形性股関節症があります。変形性股関節症を発症する人の80%以上が、二次性変形性股関節症と言われています。

?変形性股関節症の主な原因には、

  • 臼蓋形成不全
  • 先天股関節脱臼
  • 大腿骨寛骨臼インピンジメント
  • 発育性股関節形成不全(後遺症)
  • 下肢アライメントの崩れ

といったものがあげられます。

◆臼蓋形成不全

股関節は上記でも説明したように、深いお椀状の寛骨臼が、大腿骨頭を包み込むように形成されています。臼蓋形成不全は、寛骨臼が十分に発育せず浅いお皿の状態で形成されてしまうことから、大腿骨頭が寛骨臼にしっかりとはまり込まず、はみ出してしまう状態のことを言います。

臼蓋形成不全による股関節痛などの自覚症状は、若い時期にはそれほど現れないので、早期発見が難しい疾患ともいわれています。
しかし、気が付かずに放っておくと、年齢を重ねるごとに寛骨臼と大腿骨頭の軟骨組織がすり減り、やがて骨同士がこすれ合い変形性股関節症に進展してしまう恐れもあります。?

◆先天股関節脱臼

生まれた時に既にある股関節の脱臼です。
症状は、股関節が骨盤の後方、上方に脱臼しています。膝を曲げると膝の高さが違っていたり、股関節をお腹に近づけると、クリッと音がしてスムーズでない事と、不安定感などがあります。外転方向に動きが無く、内転筋という太ももの内側の筋肉が過緊張しています。

先天股関節脱臼のまま放置しておくと、変形性股関節症の原因にもなります。

大腿骨寛骨臼インピンジメント

股関節の寛骨臼や大腿骨頭に余分に骨が張り出している部分があるため、しゃがみこみなどの動作で骨頭と寛骨臼が繰り返し衝突しやすくなり、寛骨臼周囲に付着している関節唇や関節軟骨がいたみ、股関節痛が生じる疾患です。
症状としては、股関節の可動域制限、決まった姿勢による疼痛の誘発、クリックなどの症状がでます。
大腿骨寛骨臼インピンジメントも、そのままにしておくと変形性股関節症になってしまう恐れがあります。

発育性股関節形成不全(後遺症)

発育性股関節形成不全は、主に乳児期に見られる疾患です。

乳児の脚は両膝と股関節が曲がり開脚したような状態が好ましいのですが、オムツや服の着用の仕方が悪く、股関節の可動域が制限された状態になることや、横向きで抱っこをするなど、脚が伸ばされた状態になることが多いと、発育性股関節形成不全になってしまう可能性があります。
発育性股関節形成不全の治療を行っても後遺症として、年を重ねた時に股関節への負担が強くかかってしまうなど、変形性股関節症になるリスクが高まってしまいます。
したがって、乳児期から股関節に負担のかからない状態にしてあげることが大切になります。

下肢アライメントの崩れ

下肢アライメントとは、足部、足首、膝、股関節と、下肢の関節の並びのことです。

足首、膝、股関節は荷重関節といい、主に立っている状態で常に重力により負荷のかかっている関節になります。下肢アライメントが整っていると、下肢の各関節にバランス良く負荷がかかりますが、下肢アライメントが崩れてしまうと、どこかの関節や筋肉に過度の負荷がかかるようになります。
下肢アライメントが崩れ、股関節に長期間過度な負荷がかかっていると、変形性股関節症に進行していくこともあるので注意が必要です。

 

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

変形性股関節症に対する東葉コンディショニングの施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

なかなか症状が改善しないと不安が募ります。

一人でお悩みにならずに、施術実績が多い当院にぜひ一度ご相談していただければと思います。

 

電話問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加