03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

膝痛改善の方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • イスから立ち上がると膝に痛みがでる
  • 下にある物を拾おうとすると、膝が痛くてしゃがめない
  • 膝が固く、正座ができない
  • 階段の昇り降りがツライ
  • 立っていても膝が伸びない
  • 足が段々O脚になってきている
  • 膝を動かすとパキッパキッと音が鳴る

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは痛みやシビレの原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
痛いところだけ施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「歩くのも困難なほどの膝の痛みをなんとかしてほしい」

「何ヶ月も病院で保存治療をしているが、あまり効果を感じない。他の治療も試してみたい」

「色々な治療院に行ったがなかなか治らない、なんとかして欲しい」

「膝が痛くても仕事は休めない」

という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。

 

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くの膝に痛みのある方が改善するのか?

東葉コンディショニングの膝痛施術

東葉コンディショニングの膝の痛みに対する考え方と、施術方法の一部をご紹介します。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

 

例えば、骨盤が歪んでいると、その上にある腰椎や胸椎、胸郭も歪んでバランスを取ります。当然、さらにその上にある頚椎も歪んで頭を支えます。その結果、周囲にある筋肉や関節に過度な負担がかかり続けるようになります。

このように継続して腰や背骨に負荷が掛かると、荷重関節と呼ばれる股関節や膝関節、足関節の左右の荷重バランスが崩れ、その周辺の筋肉も緊張し膝痛が発症します。

背骨は、体重の10%といわれる頭の重さを支えています。成人の頭の重さは6~8kg = ボーリング玉の16ポンド(7.2kg) 。

その頭の重さを支えているのが脊柱の生理弯曲と言われるS字カーブの構造です。このS字カーブは動物の中では人間にだけあるもので、バネの役割をしており、衝撃を和らげたりバランスをとったりしています。

その生理弯曲が正しければ膝への負担が軽くなります。

下の骨盤と膝の関節の絵を見て下さい。

左右の膝関節が変形して悲鳴を上げています。そして、骨盤も泣き顔になっていますね。これは膝関節がバランスを崩したことによって骨盤を歪ませている絵です。逆に骨盤が歪んでいれば膝関節に掛かる負担も大きくなります。

片方の膝が痛くなると、その後、痛くなかった側の膝や腰にも痛みが出てくることが多くありますが、これは痛い方の足をかばうようになり、からだの重心(バランス)が崩れてしまうからです。

もうおわかりと思いますが、膝の痛みを根本的に解消するためには、病院のように症状が出ている膝ばかりを見るのではなく、カラダ全体の歪みをみて改善させていくことが膝への負担を減らし、症状を解消するために必要なこととなります。

カラダ全体の歪みから改善

そのため、東葉コンディショニングでは、症状が出ている膝ばかりを見るのではなく、カラダ全体の歪みを治し、左右前後の荷重バランスを整え、膝だけではなく股関節や足関節でも体重を支えられるよう柔軟性と正しい動作を調整していくことを主眼に置き整体施術を進めていきます。

整体施術では、まず最初に生理弯曲の形成、股関節の機能改善、そして下肢アライメント(足部、足首、膝、股関節の配列)や骨盤や胸郭など、カラダ全体の歪みを整えていきます。

カラダ全体のバランスを整えて土台を安定させることによって、骨盤や腰椎も本来の位置に安定することができます。
バランスの良い本来の位置に戻ると、膝周辺の関節や筋肉への過度な負担が減り、血液やリンパの流れが改善され自然治癒力が高まります。 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っている膝痛による痛み・腫れを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

脊柱の生理弯曲の正常化

脊柱の生理弯曲の正常化

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

骨盤調整シムス位

うつぶせになり膝を曲げ、両手を広げて胸を床につけます。顔はアゴをつけ、まっすぐか膝を曲げている方向に曲げた状態で寝てもらいます。
この状態で骨盤をゆっくり揺らすように動かすことで、歪んでしまった骨盤の位置を整えていきます。逆方向も同じように調整していく事で、骨盤全体のバランスを整えます。

股関節筋肉へのアプローチ

 

膝に痛みが出ている場合、股関節周りの筋肉が過緊張を起こしていることで股関節の動きをかばって、膝に負担がかかっていることがあります。うつ伏せの状態で、大腿部や股関節周辺の筋肉に軽く触れながらゆりかごを揺らすようにゆっくり動かします。可動範囲の限界まで、徐々に揺らしながらハムストリングス・殿筋、仰向けになり内転筋・腸腰筋といった股関節周辺の筋肉の過緊張を深部から弛めていきます。

股関節モビライゼーション

長い間股関節の周辺の筋肉が固まっていた場合、股関節の滑り転がりといった正常な関節運動ができなくなってしまいます。屈曲可動域を改善させ正常な関節運動ができるようにします。

下肢アライメント調整

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことを指します。不安定な二本の足で上体を支えるという、非常に複雑であり、ダイナミックな動作を可能にする人間特有の器官です。

下肢は人体の中でいちばん長くて太い大腿骨などの大きな骨と、それを支える強靭な筋肉群によって構成されています。そのため、一度ゆがみが生じると歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。下肢はカラダ全体を支えています。

下肢アライメントが整うと骨盤が安定し身体バランスが向上します。以上のことから、膝関節部への過剰な負担を減らし、症状を改善させるために、下肢アライメント調整は非常に重要になります。

股関節調整

外側にねじれた股関節骨頭を内方に調整していきます。横向きになり下の足を伸ばし、上の足をクッションの上に曲げて乗せます。下の足の大転子に片方の手の平の上に乗せ大腿を内旋させて下肢のアライメント調整をしていきます。

膝関節調整

膝が痛いという方のほとんどが膝関節そのものではなく、股関節や足首の動きの悪さをかばって膝周辺に付着する筋肉に痛みが出ている方がほとんどです。下肢アライメントを整え、これまで酷使された膝周りの筋肉をリリースしていきます。歪みを正さずに筋肉だけを弛めてしまうと、膝関節そのものに負担をかけてしまいます。

足部調整

足部は、横から見たときアーチ状になっていて、主に前足底(指の付け根)と踵による2点支持になっています。
歩く、走るなどの運動機能は、土踏まずのアーチが担っていて、アーチには①内側縦アーチ ②外側縦アーチ ③横アーチの3つがあります。

この足のアーチが崩れると①身体を支える安定力の低下②衝撃吸収力の低下③運動能力の低下につながり、骨格の歪みや関節の変形、筋肉疲労、など様々な症状に影響を及ぼします。

膝関節の大腿骨が正しい配列になるための土台である足部のアーチを改善することが重要なのです。

 

※あくまで施術の一例であり、その方の状態に合わせて施術内容は変わる場合があります。

 

膝の痛みを改善させるポイントは4つ!!

  1. カラダの歪みやねじれを解消し、全身のバランスを整えることで膝関節部への過度な負担をなくす。
  2. 膝関節部に掛かる負荷を減らすため、左右下肢荷重関節全体でカラダを支えられるよう生理弯曲を作る。
  3. 疲労がたまった筋肉、動きが悪くなった関節の動きを改善し、正常な状態に戻していく。
  4. 膝痛になった原因である、日頃の悪い姿勢や座り方、カラダの使い方のクセを改善する。

というステップを施術の中で行います。また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

 

膝痛の症例

変形性膝関節症による膝の痛みで歩行も困難に

40代女性 秋葉原 Aさん

毎日1時間ほどウォーキングをするのが日課で、来院される数日前のウォーキング中に急に膝が痛くなったAさん。膝の痛みが強く出たことが初めてということもあり、不安になり病院で検査を受けたところ、変形性膝関節症と診断されたそうです。「このまま歩けなくなるのは嫌だ!」と思い、必死にインターネットで検索し東葉コンディショニングを見つけ来院されました。

膝の状態を見てみると、膝から下が外側に捻じれ、膝関節を曲げると内側に曲がる(ニーイントゥーアウト)状態でした。足のアーチの状態も見てみると、アーチが無くなり、足の外側に重心が乗っていました。

足のアーチが崩れた状態のまま、ウォーキングを行うことで、膝に過度な負担をかけ続けてしまっていたことが、Aさんの膝の痛みの原因になっていました。

Aさんの1回目の整体施術では、骨盤を中心にカラダ全体の歪みを整え、足のアーチの調整と膝の捻じれの調整を行いました。施術後は歩く時の痛みがさほど気にならなくなりました。

2回目の整体施術前は、前回ほどではないものの、まだ歩くと膝に痛みが出る状態でした。
前回の整体施術と同じように、カラダ全体の歪みを整え、足のアーチと膝の捻じれを調整し、張りの強い下半身を良く緩めるように行いました。
整体施術後は、歩行時の膝の痛みが全く気にならない状態になりました。

3回目~6回目の整体施術前は、前回時の整体施術後に少し痛みが出たものの、痛みの強さは回数を重ねるごとに軽くなっていきました。
足のアーチと膝の調整だけでなく、足首や股関節、骨盤周りの関節の調整も行い、歩行時にカラダ全体をうまく使えるように調整を行いました。

7回目以降の整体施術では、たまに膝に痛みが出ることがあるものの、以前のように歩けないほどの痛みはでなくなりました。

10回目以降の整体施術では、膝の違和感と下半身の張りが気になるだけで、痛みはなくなりました。
整体施術後は違和感も張りも気にならなくなりました。

その後Aさんが来院され
「膝に痛みが出た時はどうしようと不安になりましたが、今は全く膝の痛みを気にせずにウォーキングを楽しめています!」
と喜ばれていました。

整体施術にプラスして、重心が安定する正しい立ち方や、膝に負担をかけない歩き方などを常日頃から意識されていることが、症状の回復に繋がりました。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

マラソンによるランナー膝の痛み

50代男性 浅草橋 Mさん

趣味でマラソンを定期的に行っていたが、走っている最中や走り終わった後に膝に痛みを感じ、来院してきたMさん。歩行検査をしたところ、ランナー膝の症状でした。

ランナー膝に多い腸脛靭帯炎の主な症状として、膝の外側(大腿骨外踝)周辺に痛みが出ます。Mさんも症状が軽いときは、ランニング後に痛みが出ますが、休憩してしばらくすると痛みはなくなっていました。しかし、それが慢性化したため、休憩をとってもなかなか痛みが取れなくなってしまったのです。主な原因は、オーバーユースです。

ランニングをしていると、気分が乗ってきたり、つい無理をして長い距離を走ってしまうこともあると思います。しかし、その無理な運動による過度な膝への負担が、ランナー膝を引き起こす危険性を高めてしまうのです。

1回目の整体施術では、全身のバランス調整をした後に、膝だけでなく股関節や、足首といった下肢のアライメント調整をし、関節の可動域を広げるように施術を行ったところ、「足が軽くなった!これなら膝を気にせず楽に走れそうだ!」と笑顔で帰られました。

来院時は痛くて走れなかった状態が、2回目・3回目と整体施術を受けるうちに、下肢の歪みも減り、歩く距離もだんだん伸ばすことができました。4回目の整体施術の後には、走れるほどに回復されました。

現在も月に1回のペースで、メンテナンスで施術を受けに来られ、趣味のマラソンを楽しく続けられています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

しゃがむと痛い膝の痛み、原因は体の歪みだった

30代男性 秋葉原 Kさん

日常生活の中で、歩行時やしゃがんだ時など、不意に出る膝の痛みがどこで治療しても変わらないKさん。日常生活の中で膝に激痛が走ることもあり、今後酷くならないかと心配されインターネットで調べて整体院東葉コンディショニングに来院されました。

Kさんの体の状態を診てみると、骨盤を中心に背骨の歪みや股関節の可動域の左右差など、全身のバランスが崩れていました。

初回の整体施術では、膝の調整ではなく、股関節と骨盤の調整を中心に、全身のバランス調整を行いました。

股関節に左右差が出てくると、それに伴い骨盤も歪んできます。

骨盤が歪むと、歩行時など脚に均等に負荷がかからないため、結果的に膝にも負担を与えてしまいます。

Kさんの場合も、整体施術前の検査で股関節の左右差が見られ、整体施術の後にはその左右差が無くなっていました。

骨盤、股関節を中心に全身のバランス調整を行った後、今まで膝に痛みが出ていたしゃがむ動作をしてもらったところ「あれ?痛くない!」と驚かれていました。

Kさんには、骨格のバランスが崩れることでどのように膝に負担が掛かるかを説明し、骨盤の歪みを簡単に整えることができるエクササイズをお教えしました。

1回目の整体施術の後「今まで歩行時やしゃがんだ時など、不意に出ていた膝の痛みが嘘のように無くなりました!」と、喜ばれていました。

Kさんは、体を動かすことが好きでスポーツなども定期的に行われていたそうですが、膝に痛みが出始めてからは怖くて体を動かせずにいたそうです。現在は、膝に痛みが出ないように定期的に歪みを調整しながら、今までできなかったランニングや筋トレなどのスポーツも、膝の痛みを気にすることなく楽しまれています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 1.通常の整体とは全く違う施術をします 1.通常の整体とは全く違う施術をします 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 3.当院独自のストレット等のアドバイス 3.当院独自のストレット等のアドバイス 4.施術は短時間  4.施術は短時間5.整体記録ノート5.整体記録ノート 

 

 

膝の痛み豆知識

膝痛の原因は老化が原因なの?

A. 「膝が痛いのは歳だから仕方がない」こんな風に思ってはいませんか?

病院に行き膝が痛いと言うと「50代でも老化が原因」「70代でも老化が原因」といわれることも少なくありません。確かに年齢によって関節が変形してしまうことはやむをえません。ですが、おかしいと思いませんか?

老化が原因なら膝が痛くなったあなたより年上の人は、もれなくみんな膝が痛いということになってしまいます。膝にどれだけ負担をかけ続けてきたかという年月という意味では年齢も関係してきますが老化だからといって必ず膝に痛みが出るわけではないのです。

膝が痛いのは体重が重いから?

A. 「太っているから痩せないと膝の痛みがとれない」「運動しないと痩せられないけど、膝が痛くて運動ができない」そんな風に考えてはいませんか?

膝関節の構造の部分でもお話しましたが、膝には日常動作で体重の約2~3倍もの負荷がかかると言われています。体重が60㎏の人の片足にかかる負荷は90㎏ですが、80㎏の人の片足にかかる負荷は120㎏になります。体重が重い方は膝の関節にかかる負荷が大きいのは事実です。

しかし、痩せているからと言って膝の関節に痛みが出ない訳ではありません。しかも両膝が痛くなるのではなく、まずどちらか片方の膝が痛み、かばっているうちに反対側の膝も痛めるという方がほとんどです。

体重だけが原因なら片方の膝だけ痛みが出るというのは変な話ですよね。

体重が重いからと言って絶対に関節に痛みが出る訳ではないということです。しかし体重は重過ぎないにこしたことはありません。

 

膝痛に関する誤解は解けたでしょうか?

老化でも、軟骨がすり減っていても、体重が重くても、必ずしも膝に痛みが出るというわけではありません。

それでは何が膝痛の原因なのでしょうか?

それは日常生活での誤ったクセによる歪みの影響が大きいと、私たちは考えています。

 

自分でできる膝痛改善・予防エクササイズ

膝痛の方に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

 

足組みゆらゆら骨盤調整

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正
  • 腰痛の緩和
  • 腰部可動域改善

シムス位エクササイズ

<効果>

  • 背骨の土台になる骨盤を整える
  • 首、肩こりの緩和
  • 猫背の矯正

ハムストリングストレッチ

<効果>

  • 足の疲労緩和
  • 膝、股関節の柔軟性向上

下腿外旋矯正エクササイズ

<効果>

  • 下腿の歪み調整
  • ふくらはぎやすねの疲労回復
  • 足のつり、むくみ予防

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早く症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢を取ったり、痛い動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

膝痛の代表的な疾患名と症状

変形性膝関節症

【原因】

加齢に伴って増え、膝の痛みの原因の中でも割合が高い病気。長年、膝関節に負担が掛かり続けると、「関節軟骨」や「半月板」などの軟骨が、だんだん弾力性を失い、変性したりすり減ったりして起こる。

【症状】

膝関節が変形して歩きにくくなり階段の上り下りなどで、膝に負担が掛かるときに痛みが生じるようになる。

関節リウマチ

【原因】

病院では、私たちの体を細菌やウイルスなどの外敵から守るための「免疫」の働きに異常が起こり、自分の体の一部を誤って攻撃するためと考えられている。

【症状】

左右両方の膝が痛む。安静時にも痛む。痛みとともに発熱があり、全身がだるい。1日のうち、症状の強いとき弱いときがある。膝に水がたまって腫れる。X脚O脚などに変形する。膝蓋骨の表面に、小指大~親指大のしこりができることがある。

痛風

【原因】

食べ過ぎや運動不足の生活習慣で、尿酸値が高まり、関節に結晶がたまる。それが原因で炎症が起こり、強い痛みが突然起こる。

【症状】

働き盛りの男性に多くみられる。足の親指の付け根の関節が赤く腫れて激しく痛むことが多い。人によっては、痛風による発作が膝関節に起こることもある。夜中に痛む。安静時も痛む。通常、4~5日すると治まるが、再発を繰り返す。

偽痛風

【原因】

痛風と同じく関節に結晶がたまることが原因で炎症・痛みが突然起こる。痛風と違い尿酸値は正常。

【症状】

高齢者に多い。膝関節に炎症が起こると、膝が腫れて激しく痛む。夜間や安静時にも痛む。痛風と違い腫れなどの症状が慢性化することはない。変形性膝関節症との合併が多い。

オスグット・シュラッター病

【原因】

成長期にサッカーやランニングなど、下肢をよく使う種目を続けていると起こることがある。症状:運動時に膝蓋骨の下の方が痛む(大腿四頭筋の脛骨への付着部) そこが出っ張ることもある。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

【原因】

バレーボールやバスケットボールなど、ジャンプする動作の多いスポーツで、膝蓋腱に炎症が起きて、痛みが出る。

【症状】

膝蓋骨の上、または下が痛む。運動をすると痛み出すが、体が暖まってくると痛みが軽減しやすい。

ランナー膝

【原因】

ランニング等のやり過ぎで、臀部、下肢外側の緊張が強まり、大腿骨と腸脛靱帯が擦れて炎症が起こる。

【症状】

ランニングした時や、階段・坂道を下りる時に、膝の外側に痛みが出る。

 

電話問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加