03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

自律神経失調症の改善方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める
  • 頭痛やめまいがひどく、起き上がれない
  • 慢性的な疲労があり、カラダがしんどい
  • イライラや不安感が強く、感情の起伏が激しい
  • やる気が出ない、ゆううつになる
  • 思うようにカラダが動かず、会社や学校を休みがち

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは自律神経が乱れる原因となっている全身の骨格の歪みや、特に頸椎周辺の筋肉の緊張をとり、呼吸を落ち着つかせカラダをリラックスさせていきます。
つらい症状だけを施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

東葉コンディショニングには、「自律神経失調症による睡眠障害がひどく、なんとか眠れるようにしてほしい」といった方や「服薬での対応はしているものの、根本的に何とかしたい」、「ストレスが原因と言われても、これ以上環境を変えることは難しく、何か解決方法はないのか」という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法(クイック・ペイン・リリース法」を受けて、多くの自立神経失調症の方が改善するのでしょうか?
実は、自律神経失調症の原因はハッキリ解っていません。
しかし、東葉コンディショニングではカラダのバランスの崩れや、特に頸椎周辺の筋緊張が呼吸を乱し、慢性的な酸素不足や自然治癒力を低下させ、その結果として自律神経失調症が起こると考えています。

東葉コンディショニングで行うQPR法は、強く押したり揉んだりしない施術です。
自律神経をはじめとする様々な神経が集まっている頸椎や、全身の筋緊張を優しい刺激で緩めていくため、カラダはリラックスし脳は安心感を得ることができます。

全身の緊張がほぐれカラダがリラックスすると、呼吸が深くなり血流も良くなります。唯一自律神経をコントロールする方法が、「呼吸」と言われていますが、交感神経優位の緊張状態の時は呼吸も浅く、逆にリラックスしている時は深い呼吸になります。深い呼吸は、横隔膜を大きく動かし、自律神経を刺激するため、副交感神経の活性化を促し、睡眠や排泄に関わる働きが整ってくるのです。

現代、自律神経失調症を患っている方の多くは、交感神経が優位な状態になっています。
そのため、リラックスした時や睡眠時に優位になる副交感神経が働くように、スイッチを切り替える必要があります。

カラダ全体の歪みを治し、バランスを整えることで、全身の緊張をゆるめ、深い呼吸を促し、自律神経の安定を図ることが自律神経失調症の解消へと導いてくれます。

また、自律神経失調症の方には、波動セラピーをオススメしています。
波動調整機器では、身体の各器官や細胞がもつ周波数を調べ、ズレを調整し、身体が本来持っている自然治癒力をサポートします。

整体施術で身体の外側でもある骨格のバランスを調整し、波動セラピーで身体の内側である波動を調整していくことで、早期に改善されていく方が多いです。

では、まず東葉コンディショニングのからだの歪み解消の理論をご説明します。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの自律神経失調症施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • カラダ全体のバランス調整
  • 頸椎を中心とした生理弯曲の形成
  • 頸椎~肩の筋肉群の筋緊張へのアプローチ
  • 呼吸が深くなるよう、胸郭可動調整

などで、自律神経失調症の原因を解消し、症状回復に導いていきます。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っている自律神経失調症によるめまいや頭痛、不眠、イライラなどを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

骨盤調整シムス位

 

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

腰背部の筋肉弛緩、骨盤、背骨調整

あおむけで骨盤を優しくゆらしながら、腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。腰背部から背中全体の筋肉の緊張が解消されると、生理弯曲や骨盤のゆがみも正常になり、背骨一つ一つの動きも改善されます。

胸郭ゆがみ調整

胸郭のゆがみは、胸郭の上に乗る頸部から頭部のバランス不良を招いたり、肩甲骨や肩関節、腰部や股関節の動きを制限します。うつぶせになり、肋骨付近に手を触れて優しく揺らします。

こうすることで胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部を整えます。

頚椎調整

あおむけで頸椎専用に当院が独自に開発した「センターラインピロー」を使って施術します。
首に軽く触れて、ゆっくりと優しく揺らしていきます。こうすることで頸部周辺の筋肉の緊張を緩和し、頸椎の歪みを調整していきます。

頚椎ストレッチ

あおむけで頭をゆっくり持ち上げていくと、頸椎がストレッチされ、頚椎の歪みが調整されます。
首周辺の筋肉の緊張が緩和し、本来あるべき生理弯曲を取り戻していきます。

 

自律神経失調症の症状を改善させるポイントは3つ!!

  1. カラダの歪みやねじれを解消し、全身のバランスを整えることで筋緊張をゆるめ、血流を良くする。
  2. 背骨や胸郭を整え、肺や横隔膜の動きを良くし、酸素の供給量を増やす。
  3. 頚椎に弯曲をつけ、ストレートネックを解消することで、首周りに集中している自律神経の働きを良くする。
  4. 交感神経と副交感神経の切り替えをスムーズにし、カラダをリラックスさせる。

というステップを施術の中で行います。また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

 

次に、東葉コンディショニングで行っている自律神経失調症によるめまいや頭痛、不眠、イライラなどを根本的に解消するための波動セラピーについてご紹介します。

私達の臓器や骨など身体の各器官は、それぞれ固有の共鳴する周波数があり、弱い電流を放っています。これは細胞の働き(互いの情報伝達)に関係しており、健康な細胞は細胞同士がそれぞれ互いに連携しながら情報を伝達しあうことで、わたしたちの健康は保たれています。 病気の初期段階では、この細胞同士の情報伝達がうまくいかなくなった状態だといえます。

東葉コンディショニングで行う波動セラピーは、元々ロシアで宇宙飛行士が宇宙で自ら自分の体調がどういう状態か確認し、ケアすることを目的に開発された波動調整機器を使用して行います。衣服着用のままヘッドフォンを装着するだけで、脳、臓器、骨、筋肉、DNAなど、全身の約630箇所の周波数をチェック・調整することができます。

この波動調整機器を使って、自律神経失調症の方には、脳の血流や三半規管、自律神経や横隔膜、松果体等の周波数を調べ、ズレを調整し、身体が本来持っている自然治癒力をサポートしていきます。

自律神経失調症の症例

自律神経失調症による睡眠障害と肩こり、腰痛

50代女性 秋葉原 Mさん

1年半ほど前、ご主人を亡くされてから心労が増えたことで不眠になり、自律神経の乱れを感じるようになったMさん。
寝つきの悪さ、睡眠が浅いなど、睡眠の質の低下から、疲労が回復しきれず腰痛や肩こりが度々おこるようになり、ご友人に紹介されて整体院東葉コンディショニングに来院されました。

最初は、腰痛や肩こりが楽になれば、と思い来院されたそうですが、整体施術を受けるうちに腰痛や肩こりが楽になり、「体の緊張がほぐれ、リラックスしているのがわかるようになった。いつも緊張していたんですね」、と仰られていました。

腰痛だけでなく不眠の方も良くなれば、と相談されたことをきっかけに、整体と一緒に波動セラピーも試してみることにしました。

整体施術の中では、骨盤の歪みを整え、腰から頸椎にかけて背骨全体の生理弯曲の調整、自律神経に関係する頸椎周辺の筋緊張をよくゆるめていきました。回を重ねるごとに、体幹の歪みは軽減し、背骨の生理弯曲も本来のS字カーブに調整されてきたところ、腰痛は4~5回の通院で落ち着きました。

波動セラピーでは、脳の血流や自律神経、ストレスの多い胃神経などを中心に波動を調整。整体施術と波動セラピーを受けた日は、「ぐっすり眠れ、翌朝スッキリしている、こんなの久々!」と喜ばれていました。

その後、最初に立てた施術プラン通り、なるべく施術間隔を空けずに通院することで、眠れる日もだんだんと増え、間隔を空けていきながら6カ月程経った頃には、「腰痛や肩こり、不眠の方も全く気にならなくなりました!と、うれしい報告が聞けました。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

自律神経失調症による肩こり、めまい、体のダルさ

30代女性 浅草橋 Oさん

季節の変わり目や仕事でストレスがかかると、肩こりやめまい、体のダルさが辛くなると病院に行ったところ、自律神経失調症と診断されたOさん。

症状が改善せず友人に悩みを打ち明けたら、整体院東葉コンディショニングを紹介されたとのことで来院されました。

「疲労が回復できずに肩こりが辛い、何とかして欲しい!」ということで、整体施術をスタートしました。

整体施術では、骨盤の歪みを整え、腰から頸椎にかけて背骨全体の生理弯曲の調整、自律神経に関係する頸椎周辺の筋緊張をよくゆるめていったところ、整体施術後は「肩と首がスッキリ!頭まで軽くて、とても楽!」と素敵な笑顔を見せてくれました。

整体施術と合わせて、波動セラピーでは、脳の血流や自律神経、頸椎周辺の動脈・静脈などを中心に波動を調整。整体施術と波動セラピーを受けた翌日は、「いつものダルさがなく、朝スッキリ目覚めて起きやすい!」と喜ばれていました

その後も定期的に通院することで、朝起き上がるのが辛い日もだんだんと減り、間隔を空けていきながら4カ月程経った頃、「病院に行くほど辛くないと思っていたけど、楽になると毎日の体調が全然違うのがわかります。ダルさやめまいが減り、自分である程度体調をコントロールすることができるようなり、とても嬉しいです!」とOさん。今も月に2回定期的に整体施術と波動セラピーを受け、いい体調をキープされています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 1.通常の整体とは全く違う施術をします 1.通常の整体とは全く違う施術をします 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 3.当院独自のストレット等のアドバイス 3.当院独自のストレット等のアドバイス 4.施術は短時間 4.施術は短時間 5.整体記録ノート 5.整体記録ノート

 

 

自律神経失調症の豆知識

自律神経失調症ってどんな症状が出るの?

A. 自律神経は、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係に生命活動の維持やその調節を行っています。
活動時に活性化する交感神経と、リラックス時に活性化する副交感神経の活性バランスが崩れると、こうした働きが鈍り、めまい、多汗、体の震え、動悸、立ち眩み、耳鳴り、吐き気、頭痛、過呼吸、不眠他、身体症状に加え、人間不信、情緒不安定、不安感、イライラ、うつ状態など、精神的な症状が表れることもあります。

自律神経失調症になったら、どんなことに気を付ければ良い?

A. 自律神経失調症改善のためには、生活リズムを整え「規則正しい生活」を送ることが一番です。しかし、自律神経失調症の方の場合、それが難しいという場合もありますよね。そのため、まずは以下の5つの生活習慣を変えるところから始めると良いでしょう。

1.起床、就寝の時間を毎日同じ時間にする。
2.朝起きたらカーテンを開け日光を浴びる。
3.決まった時間に食事を摂る
4.夜は41℃以下のぬるめの湯船に長め(20分を目標)に浸かり、カラダを温める。
5.寝る前は、TVやスマホなどの強い光を避ける。
 
など、1つ1つは小さなことですが、生活面を少しずつ改善し生活リズムを乱さないことが非常に大切です。

 

自分でできる自律神経失調症改善・予防エクササイズ

自律神経失調症に役立つ4つのエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

 

胸郭回旋ストレッチ

<効果>

  • 背中や肩こりの緩和
  • 猫背や巻き肩の矯正

後頭部・首後面ストレッチ

<効果>

  • ストレートネックの矯正
  • 首痛の緩和
  • 首、肩こり、頭痛の緩和

体側ストレッチ

<効果>

  • 肩甲骨、骨盤、背骨の歪みやねじれの矯正
  • 肩こり、腰痛の緩和・予防

 

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早く症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢を取ったり、痛い動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

自律神経失調症とはどんなもの?

自律神経とは、呼吸や代謝、消化、循環、体温のコントロールなど、自分の意思とは関係なく、生命活動の維持・調節を行うために24時間絶えず活動している神経です。
自律神経は、日中や活動時に活性化される交感神経と夜やリラックス時に活性化する副交感神経の2つに分けられます。

交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできないと、これらの活性バランスが崩れてしまいます。例えば、交感神経が優位である状態が必要以上に長ければ、その間ずっとカラダは臨戦態勢を強いられていることになるため、夜眠れなかったり、全身の緊張からのコリや痛み、便秘や下痢他、様々な不調が発生することがあります。

しかし、こういった不調は、自律神経の切り替えの不具合が原因であるため、内臓等に直接的な疾患がある訳ではありません。

そのため病院で検査をしても異常は見当たらず、原因不明とされてしまうことも多いのです。自律神経失調症はご本人だけでなく、家族にもストレスになることがあります。病院には長く通っているけど、なかなかよくならないとお悩みの方は東葉コンディショニングにご相談ください。

 

電話問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加