03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

首の痛み改善の方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • マッサージに行ってもその時だけで一向に改善しない
  • 首の痛みで痛み止めの薬やシップを手離せない
  • 上を向くと肩や腕、手にビリっと電気が走る
  • パソコン作業、運転の時に腕がだるく痛み、シビレがある
  • 交通事故後の後遺症でリハビリをしていても効果が出ない
  • 首と頭の付け根が常に詰まっている感じで眼精疲労が酷い
  • 常に首肩が張っていて、頭痛がする
  • 首こりからくるめまい、動悸など自律神経の乱れを感じる
  • 首を鳴らすのをやめられない

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは痛みやシビレの原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
痛いところだけ施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「この慢性的なツラい首、肩こり、頭痛をなんとか して欲しい」

「病院で手術を勧められたが、不安で踏み切れない。手術ではない方法を試してみたい」

「何ヶ月も病院で保存治療をしているが、 あまり効果を感じない。他の治療も試してみたい」

「色々な治療院に行ったが なかなか治らない、なんとかして欲しい」

という方が来院され、症状改善へと 至っている方が大勢いらっしゃいます。

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くの首痛の方が改善するのか?

 

東葉コンディショニングの首痛施術

東葉コンディショニングの首痛に対する考え方と、施術方法の一部をご紹介します。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

 

例えば、骨盤が歪んでいると、その上にある腰椎や胸椎、胸郭も歪んでバランス を取ります。
当然、さらにその上にある頚椎も歪んで頭を支えます。その結果、 周囲にある筋肉や関節に過度な負担がかかり続けるようになります。

特に、 首は真上にある重い頭を支えている箇所なので、その負担も大きいです。

 

カラダ全体の歪みから改善

もうおわかりと思いますが、首痛を根本的に治すためには、病院のように症状が 出ている首ばかりを見るのではなく、カラダ全体の歪みをみて改善させていくことが首への負担を減らし、症状を治すために必要なこととなります。

そのため、東葉コンディショニングでは、症状が出ている首ばかりを見るのではなく、カラダ全体の歪みを治し、バランスを整えることを主眼に置き整体施術を進めていきます。

整体施術では、まず最初に下肢アライメント(足部、足首、膝、股関節の配列) や骨盤や胸郭、背骨など、カラダ全体の歪みを整えていきます。

カラダ全体のバランスを整えて土台を安定させることによって、首や頭も本来の位置に安定することができます。
バランスの良い本来の位置に戻ると、首周辺の関節や筋肉への過度な負担が 減り、血液やリンパの流れが改善され自然治癒力が高まります。?

 

整体施術方法の一例をご紹介

脊柱の生理弯曲の正常化

成人の頭の重さは体重の10%・約6~8kg = ボーリング玉の16ポンド(7.2kg)相当といわれています。
その頭の重さを支えているのが、脊柱の生理弯曲と言われるS字カーブです。このS字カーブは、バネの役割をし、衝撃を和らげたりバランスをとったりしています。

脊柱のS字カーブの中でも重要なのが、腰椎と仙骨が接する適度な角度がついている部分です。
この角度によって、理論上体重の約3倍の重力が腰部に加わっても、分散吸収してくれるのです。

このように、腰部の生理弯曲を本来の形に することは、その上にある胸部や頚部を安定させることにつながります。

整体施術では、脊柱の生理弯曲の正常化を図るため、写真のように施術台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらいます。

四つん這いの姿勢をとることで、内臓から骨盤に掛かる圧迫を一時的に緩和することができ、骨盤周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

 

骨盤、背骨の動き改善

首痛の方の多くに、生理弯曲の消失、骨盤のゆがみ増大、背中周辺筋肉の硬化が見られます。

これらの状態を解消していくために、カラダ全体のバランス調整をするとともに、腰背部から背中全体の筋肉の緊張を取り生理弯曲の正常化、骨盤のゆがみ解消、脊椎一つ一つの可動向上を図っていきます。

 

骨盤調整シムス位

うつぶせになり膝を曲げ、両手を広げて胸を床につけます。顔はアゴをつけ、まっすぐか膝を曲げている方向に曲げた状態で寝てもらいます。

この状態で骨盤をゆっくり揺らすように動かすことで、歪んでしまった骨盤の位置を整えていきます。逆方向も同じように調整していく事で、骨盤全体のバランスを整えます。

 

胸郭可動調整


胸郭のゆがみが首痛にどう影響しているかを診て、ゆがみを治し可動の正常化を図ります。
胸郭とは、胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部の骨格のことをいい、骨盤とともに体幹部を構成しています。
胸郭のゆがみは、胸郭の上に乗る頸部や頭部のバランス不良を招いたり、肩甲骨や肩関節の動きを制限します。

家に例えると胸郭は屋根、骨盤は土台、その間にある脊椎が大黒柱に当たります。
胸郭である屋根が歪むと、大黒柱である脊椎も歪み頚部に負担がかかるようになります。

首痛は、頚部に過剰な負荷がかかった結果なので、この胸郭のゆがみを解消し背骨全体への過剰な負担がかからないようにしていくことは、症状を改善させていく上で重要になります。

 

頚椎調整

カラダ全体の歪みを整えたあと、頚椎の歪みの微調整や頚部周辺の筋肉の緩和、狭くなった椎間板のストレッチをゆっくりおこない、本来あるべき状態に戻していきます。

 

首の痛みに効いて、その効果を長持ちさせるポイントは3つ!!

  1. 全身の骨格のゆがみを整えて、首が疲れない身体のバランスにすること
  2. ガチガチで疲労の溜まった首周辺の筋肉をゆるめて、血液循環させること
  3. 動きが悪くなった関節の可動をよくすること

これらを同時に改善することが大切。
断然、楽になります!

 

電話問い合わせ

 

首痛の症例

 

何をしても改善しない慢性的な首の痛み

東京都 中央区 40代 Aさん 男性

20年ほど前から、常に付きまとうような首の違和感があり、定期的に痛みが出ることがあったAさん。今まで様々な治療院で診てもらってきたものの、なかなか改善せず、他の治療を試してみようと東葉コンディショニングに来院されました。

Aさんに話を聞くと、仕事上寝る時間は不規則で、短いときは3時間ほどしか眠れないとのこと。また、食事も摂ったり摂らなかったりなど、生活リズムが崩れ自律神経が乱れているような状態でした。

仕事では1日中デスクワークを行っているので、円背や巻き肩など姿勢が崩れていました。プライベートでは、野球を週一回行うので、カラダの左右バランスが崩れていました。

Aさんの1回目の整体施術は、まず始めにカラダ全体のバランスを整えた後に、長時間のデスクワークや野球の影響で硬くなっていた股関節周りをよく緩めるように行いました。そのあとに背骨のカーブ(生理弯曲)の調整、猫背や野球の影響で左右のバランスが崩れ動きの硬くなった胸郭の調整を行いました。

ここまでの段階で一度首の痛みを確認してももらったところ、首には全く触れていませんが、頭を左右に振り向いた動作や左右に倒した動作時の首の痛みがほとんどなくなっていました。
その後、頸椎のストレッチを行った後に可動の調整を行い、1回目の整体施術が終わった後は、首の痛みが全て無くなりました。
「すごい!全然痛くない!!」とAさんも喜んでいました。

Aさんは今までに様々な治療院で診てもらってきていましたが、行く場所によって痛みの原因の説明が違っていたので、何があっているのかわからなくなってしまい、どこに行けば良いのかも分からなくなってしまっていたとのことでした。

Aさんには、生活背景や仕事中の姿勢がカラダにどのような負担をかけているのかを説明し、自立神経の乱れの影響、それを整えるために意識するべきポイント、カラダに負担を掛けないための仕事中の姿勢やカラダの使い方、自己ストレッチなどのアドバイスも行いました。

最後には、Aさんも「なるほど!なんで首の痛みがなかなか良くならないのか、やっとわかりました!」と納得されていました。
その後は、自分でゆがみを整えるストレッチをしながら、月に1回ゆがみを整えに来院されています。

※施術による効果には個人差があります。

 

首を動かすことのできないほどの、首の痛み

東京都 千代田区 40代 Sさん 男性

数年前から頻繁に首に痛みが出るようになり、来院する1か月ほど前から、上下左右、どの方向にも向くことができないくらい首に痛みが出ていました。

Sさんは仕事上、下を見てうつむいたような姿勢でいることが多く、首周りの筋肉や頸椎へ負担のかかった状態が慢性化していました。

1回目の整体施術では、首を安定させるために骨盤のバランスを整え、その後、背骨、胸郭の調整から行いました。
整体施術を行う前は、首をほとんど動かすことができませんでしたが、骨盤から胸郭の調整を行った時点で、上下左右と可動域が広くなりました。

最後に首周りの筋肉を緩め、頸椎の可動調整を行い、1回目の整体施術は終わりました。 ほとんど首を動かせなかった状態から、整体施術後は上下左右に動かす可動域が広がり、動作時に出ていた首の痛みも少し違和感が残る程度になりました。
その後、数回の整体施術で首を動かすときの違和感もなくなりました。

現在も、痛みが再発しないように定期的に来院されています。

※施術による効果には個人差があります。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 1.通常の整体とは全く違う施術をします 1.通常の整体とは全く違う施術をします 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 3.当院独自のストレット等のアドバイス 3.当院独自のストレット等のアドバイス 4.施術は短時間 4.施術は短時間 5.整体記録ノート 5.整体記録ノート

 

 

首の痛み豆知識

Q. 最近よく聞くストレートネック〈まっすぐ頚椎〉って、どうなっているの?

A. パソコンのディスプレイを覗き込むように頭を前に出したり、猫背などの不良姿勢を続けていると、頚椎もその姿勢に合わせた状態でまっすぐになっていきます。

これで自然な首の湾曲(前後のカーブ)が失われてしまい、頭の重さをうまく分散できず筋肉や骨に負担がかかります。

首の周辺には脳へつながる血管や様々な末梢神経が通っていて、首の筋肉が硬直すると、その神経が強く圧迫され脳への血流が滞って頭痛が起こったり、吐き気、不眠、集中力の低下やうつ症状を引き起こすこともあります。

※頚椎の関節を調整すると、まっすぐだった頚椎でも生理的な弯曲がついてきます。

 

Q. パソコン作業で、肩がこらない工夫を教えて?

A. パソコン操作は現代のライフスタイルでは避けて通れない作業。
それゆえに、自衛策を知っておくことが大切。 

  • PCの画面が自分の目線と同じ高さになるように調整する
  • 画面から目との距離は40cm以上
  • 肘かけがあれば肘が90度よりすこし開くくらいの高さにする
  • 肘かけがなければキーボードの手前にスペースをあけて肘をおく
  • 膝の裏と座面の縁に拳一つ分スペースをあける
  • 深く掛けて背もたれに背中を当てる。背もたれが動くなら、ももと体が90度以上にする
  • ディスプレイの調節して、目を疲れさせないために文字を大きく設定する
  • 日光や照明が反射しないように、カーテンや角度を変えて調節する
  • 左右の手を適度な角度にして、手が反らないようにする手の置き方を心掛ける
  • 眼精疲労を防ぐため、ブルーライトをカットするメガネを使用する

 

自分でできる首周辺のエクササイズ

忙しくてなかなか整体院に通えないというあなたのために4つのエクササイズを動画でご紹介します。

 

シムス位エクササイズ

<効果>

・背骨の土台になる骨盤を整える

・首、肩こりの緩和

・猫背の矯正

 

首ゆらゆら

<効果>

・頚椎に正しい湾曲を作る

・首、肩こりの緩和

・猫背の矯正

 

チン・イン

<効果>

・首、肩こりの緩和

・ストレートネックの矯正

 

後頭部・首後面ストレッチ

<効果>

・頚椎に正しい弯曲を作る

・首、肩こりの緩和 ・猫背の矯正

 

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

首の代表的な疾患名と特徴

頸肩腕症候群

原因

手を使うことが多い職業の方に発症しやすい。
単なる疲労から病気の初期症状までさまざま。

症状

いわゆる肩こり

 

寝違え

原因

疲労の蓄積と寝ているときに筋肉・靭帯を過度に伸ばしたときに発症する。

症状

朝、起きたときに首が痛くて回せない。

 

胸郭出口症候群

原因

なで肩の女性に多く、首すじから脇の下にかけての胸郭出口と呼ばれる神経・血管の通る部分で神経が圧迫されて起こる。

症状

首・肩・腕の痛み。腕や手のシビレ。

 

むち打ちによる頚椎捻挫

原因

追突事故やスポーツなどで頚椎がむちのように屈伸されて発症する。

症状

首の痛み、後頭部や腕の痛み、めまい、耳鳴り、吐き気などを伴うこともある。

 

変形性頚椎症

原因

頚椎の老化が進んで、骨の表面にとげのような突起ができ神経や血管を圧迫する。

症状

首や肩、腕の痛みやシビレが初期症状。手や指の運動障害や歩行不安定などが進行する。

 

頚椎椎間板ヘルニア

原因

首、肩、腕の急激な痛みが発症する。

症状

首が痛くて動かせないこともしばしば。手のシビレなど脊髄圧迫症状を起こすこともある。

 

頚椎後縦靭帯骨化症

原因

椎骨同士の連なりを補強している靭帯が骨化して厚みを増し、脊髄や神経根を圧迫するもので、主に中高年以降に発病し、糖尿病の人がかかりやすい。

症状

手や足のシビレなど脊髄圧迫症状をおこる。

 

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

腰椎椎間板ヘルニアに対する東葉コンディショニングの施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
なかなか症状が改善しないと不安が募ります。

一人でお悩みにならずに、施術実績が多い当院にぜひ一度ご相談していただければと思います。

 

電話問い合わせ