03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

慢性腰痛改善の方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 長時間同じ姿勢でいると腰が痛くなってしまう
  • 朝起きると腰が痛い
  • 最近ギックリ腰になる頻度が増えてきた
  • 常に腰に重さがあってスッキリしない
  • 病院で年のせいですね、と言われたが何とかしたい
  • 病院で異常なしと言われたが腰痛が治らない
  • 若い頃から腰痛で、このまま年をとったらどうなるのかと不安になる

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは痛みやシビレの原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
痛いところだけ施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「この慢性的なツラい腰痛をなんとかして欲しい」

「毎日シップを貼ったり、コルセットをしているがよくならない」

「接骨院で電気をあてているが、効果を感じず他の方法がないか探している」

「この慢性腰痛を良くするために色々な治療院に行ったがなかなか治らない、なんとかして欲しい」

という方が来院され、症状改善へと 至っている方が大勢いらっしゃいます。

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くの腰痛の方が改善するのか?

 

東葉コンディショニングの腰痛施術

東葉コンディショニングの腰痛に対する考え方と、施術方法の一部をご紹介します。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

長年腰痛だという方は、これまで腰の痛い部分にシップをしたりマッサージを受けてきたかもしれませんが、どうだったでしょうか?実際によくなりましたか?

楽になるのはその時だけという方は、腰に原因があるのではなく、さきほどのように身体のバランスが崩れてしまった結果、腰に負担がかかり痛みが出ている可能性が高いです。

そこで、腰痛を根本的に改善させていくためには、まずカラダの歪みを改善させることが大切だと考えています。

カラダの歪みを改善させることで、過度に負荷がかかっている関節や筋肉の緊張状態を改善させ、血液やリンパ液の循環を促進します。
さらに、生活習慣や心理的ストレスの改善も同時に行うことで、自律神経の正常化を図ります。そうすることで、自然治癒力が正常に働き始めカラダの各組織が修復され症状が改善されていきます。

東葉コンディショニングでは、腰痛を根本的に治すためには、病院のように症状が出ている腰ばかりを見るのではなく、カラダ全体の歪みをみて改善させていくことが大切だと考えています。?

 

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの徹底した慢性腰痛施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • カラダ全体のバランス調整
  • 生理湾曲の形成、骨盤、腰椎の動き改善
  • 腰部筋肉群へのアプローチ
  • 仙腸関節の可動改善
  • 胸郭可動調整
  • 下肢アライメント調整
  • 脊柱可動調整

などで、慢性腰痛になる原因を解消し、症状回復に導いていきます。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っている慢性腰痛による痛みを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

足部調整

うつぶせで足部の調整を行い、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つを形成します。足部に正しいアーチを作ることで身体を支える安定力、衝撃吸収力、運動能力を機能させることが出来るようになります。

下肢アライメント調整

横向き寝の状態で施術をし、脚のねじれを改善させていきます。

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことです。カラダの土台になる下肢がゆがむと、歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。

下肢アライメントを整えることで、その上部ある骨盤、胸郭、背骨などが安定し、カラダ全体のバランスを向上させます。

骨盤調整シムス位

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

脊柱の生理弯曲の正常化

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

腰背部の筋肉弛緩、骨盤、背骨調整

あおむけで骨盤を優しくゆらしながら、腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。腰背部から背中全体の筋肉の緊張が解消されると、生理弯曲や骨盤のゆがみも正常になり、背骨一つ一つの動きも改善されます。

脊柱可動調整

うつ伏せに寝てもらい、背骨の曲がり具合や歪みを確認します。

首から腰まで縦に連なった背骨一つ一つの緊張や圧迫で動きが悪くなっている箇所を確認し、調整を行います。背骨の歪みが取れ、姿勢を保持することが出来るようになります。

 

慢性腰痛の症状を改善させる整体施術のポイントは4つ!!

  1. カラダの歪みやねじれを解消し、全身のバランスを整えることで腰部への過度な負担をなくす。
  2. 腰椎に掛かる負荷を減らすため、背骨全体でカラダを支えられるよう生理弯曲を作る。
  3. 疲労がたまり固まった筋肉、動きが悪くなった関節を正常な状態に戻していく。
  4. 過度に圧迫され脊柱の関節に遊びがなくなった部分や仙腸関節の動きを、元の状態に戻していく。

というステップを施術の中で行います。

また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

慢性腰痛の症例

長時間のデスクワークによる慢性腰痛

50代女性 東京都千代田区 Sさん

数年前から、座っているだけで仕事に集中できないほどの腰痛が出始めたSさん。
今まで、病院やマッサージ店、治療院で診てもらってきたものの、なかなか良くならずにいたところ、東葉コンディショニングに来院されている方の紹介で来院されました。

Sさんのカラダの状態を診ると、長時間座っていることから、太ももの裏(ハムストリング)の張りが強く、骨盤が後傾した状態で動きが硬くなっていました。
整体施術を始める前に、普段の仕事中の姿勢で座ってもらったところ、骨盤が後傾した状態で猫背になっていました。

1回目の整体施術では、カラダ全体のバランスを整えた後、後傾して動きが硬くなった骨盤の動きを出すために、太ももから股関節の周りをよく緩め、股関節や仙腸関節といった骨盤周りの各関節の可動調整を行い、生理弯曲という背骨のカーブをつけるように行いました。

整体施術直後、座った状態でも腰の痛みが無くなりました。
その後、腰に負担をかけない正しい座り方をアドバイスしたところ、「なるほど!今までの座り方は本当に悪かったんですね。」と驚かれていました。

2回目の来院時では、1回目の整体施術のあとから全く腰の痛みが出ていませんでした。
Sさんも「今までどこに行っても良くならなかったのに、1回でこんなに良くなるなんてビックリです!」と大変喜ばれていました。

1回目の来院の後から、仕事中、常に姿勢を意識していたとのことで、整体施術だけでなく、日常でも痛みを出さないために意識をしていたことが、早期の症状改善に繋がりました。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

運動後や仕事中に起きる慢性腰痛

40代女性 東京都台東区 Hさん

数年前から、運動や仕事の後に腰痛が出るようになり、腰の痛みを気にせず運動や仕事をしたいと東葉コンディショニングに来院されたHさん。 特に、長年続けているフットサルを行った後には痛みが出やすいとのことでした。

Hさんのカラダの状態を診てみると、腰椎のカーブが浅くなり、臀部から腰、背中全体の筋肉の緊張があり、特に腹部や腸腰筋の緊張が強くなっていました。

1回目の整体施術では、全身のバランスを整えた後、臀部から背中全体の緊張をとった後に、腰椎にカーブをつくるように調整を行い、その後腹部の筋肉をよく緩めるように行いました。。
また、フットサルの後に痛みが強く出るとのことだったので、立っている時にカラダの土台となる足のアーチの調整や足首の調整も行いました。

整体施術後は、付きまとうように出ていた腰の痛みが無くなりました。

2回目の整体施術。
1回目の来院の後、早速フットサルに行かれたそうですが、腰に痛みが出たものの、その強さは以前より軽かったとのこと。
2回目の整体施術も、足の調整をメインに、1回目と同様に整体施術を行いました。

その後、数回の整体施術でフットサルの後や仕事の後にも腰の痛みにほとんど悩まない状態に回復されました。

現在は、腰の痛みが再発しないように月に1回のペースで来院されています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 1.通常の整体とは全く違う施術をします 1.通常の整体とは全く違う施術をします 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 3.当院独自のストレット等のアドバイス 3.当院独自のストレット等のアドバイス 4.施術は短時間 4.施術は短時間 5.整体記録ノート 5.整体記録ノート

 

 

慢性腰痛の豆知識

腰痛があるのですが、コルセットやシップをしても大丈夫ですか?

A. コルセットをすると、カラダが支えられ腰に負担がかからないメリットはありますが、本来のカラダの動きができなくなるため、他の部分に痛みが出たり、体の動きに変なクセがつくこともあります。

シップについても、貼るだけでは根本原因の歪みを整えることはできません。

両方とも使用しなくてよい身体の状態にしていきましょう。

ストレスと腰痛は関係ありますか?

A. 職場や家庭での人間関係の悩み、仕事のトラブル、過労などでストレスがたまると、自律神経の働きが乱れます。

自律神経は、呼吸や体温、血管、内臓の働きをコントロールしているので、それが乱れると、血行が悪くなり疲労が蓄積されます。

その結果、腰痛が起きやすい状態になる場合があります。

 

自分でできる慢性腰痛改善・予防エクササイズ

慢性腰痛の方に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

 

足組みゆらゆら骨盤調整

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正
  • 腰痛の緩和
  • 腰部可動域改善

骨盤コロコロストレッチ

<効果>

  • 骨盤の歪み調整
  • 股関節の可動域改善
  • 腰、股関節の連動向上

シムス位エクササイズ

<効果>

  • 骨盤、背骨の歪み矯正
  • 首、肩周り、腰背部の緊張緩和
  • 股関節、肩甲骨の柔軟性・可動域改善

ひざ抱えゆらし

<効果>

  • 腰背部から股関節周りの筋肉の緊張緩和
  • 椎間板の柔軟性向上

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早く症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢を取ったり、痛い動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

腰の代表的な疾患名と特徴

ぎっくり腰

原因

重いものを持ったときなどの、腰椎捻挫、椎間関接の捻挫によって痛みがでる。?

症状

腰痛(突然、急激な痛み)

筋・筋膜性腰痛(きん・きんまくせいようつう)

原因

腰部の筋や筋膜が損傷を受けたり、過度に疲労しているため痛みがでる。

筋肉の異常な緊張による循環障害や疲労物質の蓄積によって、徐々に慢性化する。

症状

腰痛(朝起きた時痛みがでるが、そのうちなくなる)

脊椎分離症(せきついぶんりしょう)

原因

脊椎の一部が骨折(疲労骨折)して離れる。あまり激しい痛みを伴わない事が多い。
骨格の未発達な成長期に起きやすい。

症状

腰痛(腰が重い、ときどき腰が強く痛む)

脊椎分離すべり症

原因

分離から進行した分離すべり症。
脊椎が前後にずれてしまい、ずれた椎体が神経を圧迫するために痛みや痺れがでる。

症状

腰痛、坐骨神経痛、他の原因との合併症も考えられる。

腰部変形性脊椎症(ようぶへんけいせいせきついしょう)

原因

姿勢の悪さや加齢などで椎間板が薄くなり、腰椎がとげのように変形するため、神経を圧迫し痛みがでる。

症状

腰痛(腰が重い、だるい。朝起きたときなど、動き始めた時に痛みがでる。)

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

原因

椎間板へのストレスや疲労によって、馬尾神経が入っている脊柱管が狭くなり、神経を圧迫するため痛みがでる。中高年によくみられる。

症状

腰痛(安静時に症状はない、もしくは軽いが、ある程度歩くと下肢に痛みや痺れのため、歩けなくなる。休むと症状は改善し、歩き出すと再び悪化する。)

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

整体院東葉コンディショニングの慢性腰痛に対する施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

なかなか症状が改善しないと不安が募ります。

一人でお悩みにならずに、施術実績が多い当院にぜひ一度ご相談していただければと思います。

 

電話問い合わせ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加