03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

テニス肘の改善方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • テニスのスイング時に肘が痛い
  • 雑巾を絞るような動作で肘の外側が痛い
  • 物を持ち上げるときに、肘が痛い
  • 肘がうまく曲がらなかったり、伸ばすと痛い
  • 安静にしていれば痛みを感じることは無い

テニス肘は、テニスの初心者や、中年層でテニスをよく行う人に多く見られる症状です。

また、テニスを全くやったことがない人でも、テニス肘と診断されることもあります。

こういった症状に思い当たる方や、テニス肘と診断され、なかなか治らずに悩んでいる方は、この後もお読みください。

では最初に、テニス肘とはどういうものなのか説明していきます。

テニス肘とは

単純にテニスを行っている人に多く発症することが由来で、テニス肘と言われています。

しかし、テニス肘は、テニスの経験がない人でもなる可能性があります。

では、テニス肘はどのようにして起きてしまうのでしょうか。

テニス肘の正式名称は「上腕骨外側上顆炎」と言い、肘の外側に痛みがでます。

この上腕骨外側上顆には、短橈側手根伸筋という筋肉や、総指伸筋という筋肉が付着しています。

短橈側手根伸筋は、上腕骨外側上顆から中手骨(手の甲部分)に繋がっているので、主に手首を背屈させたり、親指側に手首を曲げる動作時に使います。

総指伸筋は、上腕骨外側上顆から指先に繋がっているので、手首を背屈する動作や、指を曲げ伸ばしする動作時に使います。

どちらの筋肉も、テニスの動作時で多く使う筋肉ですが、パソコン作業や料理をする時などにも多く使う筋肉です。

その動作を繰り返すことによって、短橈側手根伸筋や総指伸筋に疲労が溜まり、結果的に上腕骨外側上顆炎を引き起こしてしまうのです。

これが、テニスを行っていない人でも、テニス肘と診断される理由です。

ちなみにテニスでは、肘の外側に負担のかかる、バックハンドを繰り返し行うことによってテニス肘になると言われています。

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは痛みやシビレの原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
痛いところだけ施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「テニス肘による肘の痛みで悩んでいる」

「競技や日常生活に支障が出ている」

「根本的にテニス肘を解消したい」

という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。

 

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くのテニス肘症状で悩んでいる方が改善するのか?

 

東葉コンディショニングのテニス肘施術

東葉コンディショニングのテニス肘に対する考え方と、施術方法の一部をご紹介します。

東葉コンディショニングでは痛みが出ている部分(症部)ではなく、症状を作り出している原因を見つけ出し治療をする「根本療法」を行います。

 

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

例えば、骨盤が歪んでいると、その上にある腰椎や胸椎、胸郭も歪んでバランスを取ります。当然、さらにその上にある頸椎も歪んで頭を支える状態になります。

成人の頭の重さは体重の10%・約6~8kg=ボーリング玉の16ポンド(7.2kg)相当といわれています 。その頭の重さを本来であれば頸椎の生理弯曲で支えるのですが、大抵の場合頭が前に突き出るストレートネックの状態になり、その重さを肩周りの筋肉で支えることになります。

ヒトのカラダの重量比は、片腕だけでも手、前腕、上腕を合わせて身体全体の6%になります。体重が50kgの人なら約3kg、両腕を合せると6kgにもなりますが、背中を丸めて肩が前に入った状態で、この重さを肩にぶら下げることになると、その負担は相当なものになることが想像できるでしょう。

同じようにこの状態は、腕を内側にひねる状態でも生み出されます。

テニスのバックハンドやデスクワークでパソコンのキーを打つ時、包丁を使う時など、腕を内側にねじった状態を長く続けていると、肩から腕にかけて筋肉や関節に負担を強いることになり、ついには短橈側手根伸筋や総指伸筋へも負担をかけてしまいます。

更に、猫背などで16個もの筋肉が付着する肩甲骨の動きが悪くなると、肩周辺の筋肉にダメージを与えます。そのため、テニス肘を解消するには、

  • 猫背の矯正
  • 肩甲骨を本来の位置に戻し、肩甲骨の動きを正常化させる
  • 肩から腕の捻じれをとる

ことがポイントになるのです。

このように、テニス肘による肘の痛みを根本的に解消するためには、症状が出ている肘ばかりを見るのではなく、カラダ全体の歪みを改善させることが重要になります。

東葉コンディショニングのテニス肘への整体施術では、まず上半身が骨盤の上に正しくバランス良く乗る状態を作るために、後方に傾いた骨盤を起こし、生理弯曲をつけるところから始めます。

次に、肩甲骨の土台である胸郭の歪みを調整します。胸郭に張り付いた肩甲骨周りの筋肉を剥がし、肩周りの固まった筋肉を弛めることで、腕や肘、手など捻れてしまった上肢を元に戻しやすくしていきます。そしてストレートネックになった頸椎に生理弯曲をつけ、首や頭を本来の位置に戻し体全体のバランスを安定させます。

首や頭がバランスの良い本来の位置に戻ると、首・肩周辺の関節や筋肉への血液やリンパの流れが良くなるため、自然治癒力が高まり、症状の改善が促進されるのです。

 

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの徹底したテニス肘の施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • 生理湾曲の形成
  • 胸郭調整
  • 肩甲骨周辺の筋肉の弛緩
  • 腕のねじれ解消
  • 肘、手首の可動調整

などで、テニス肘になる原因を解消し、症状回復に導いていきます。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っているテニス肘による痛みを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

骨盤調整シムス位

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

胸郭ゆがみ調整

胸郭のゆがみは、胸郭の上に乗る頸部から頭部のバランス不良を招いたり、肩甲骨や肩関節、腰部や股関節の動きを制限します。あお向けになり、肋骨付近に手を触れて優しく揺らします。

こうすることで胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部を整えます。

東葉コンディショニングでは、胸郭のゆがみが症状にどう影響しているかを診て、ゆがみを治し可動の正常化を図ります。

胸郭とは、胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部の骨格のことをいい、骨盤とともに体幹部を構成しています。

家に例えると胸郭は屋根、骨盤は土台、その間にある脊柱が大黒柱に当たります。

胸郭である屋根が歪むと、大黒柱である脊椎も歪み、過度な負担になります。

この胸郭のゆがみを解消し背骨全体への過剰な負担がかからないようにしていくことは、テニス肘の症状を改善させていく上で重要になります。

側臥位肩甲骨調整

肩甲骨は胸郭の上に張り付いている構造をしています。横向きになることで肩甲骨を支えている筋肉に力が入りにくくなります。この姿勢で、肩甲骨を優しく揺らし、肩関節や肩甲骨周辺の筋肉を弛めていきます。

肩関節調整法(前上腕回外法)

人は腕を内側にねじるように使っています。デスクワークが中心の現代では、多くの方が腕をねじった状態で長時間、仕事をしています。この状態が続くことによって肩がからだの前に引っ張られ、肩の周辺の筋肉を緊張させます。仰向けで腕を支え、肘側を正しい位置に固定し、開くことで腕のねじれを解消します。

 

テニス肘の症状を改善させるポイントは3つ!!

  1. 肩、前腕の筋肉に掛かる負荷を減らすため、背骨全体でカラダを支えられるようバランスを安定させる
  2. 日頃の生活習慣による腕のねじれの解消
  3. 肩やひじ、手首など、疲労がたまり固まった筋肉、動きが悪くなった関節を正常な状態に戻していく

というステップを施術の中で行います。また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

 

テニス肘の症例

テニスの練習に支障が出るほどにのテニス肘の痛み

30代男性 浅草橋 Sさん

定期的にテニスの試合に出場しているが、数日前からテニスの練習中に肘が痛くなってしまったというSさん。

試合を控えているのに、練習にも支障が出始め、悩んでいた時に整体院東葉コンディショニングを知り来院されました。

Sさんが初めて来院された時に話しを聞いてみると、前々からテニスの練習時に肘の痛みを感じることはあったものの、何とかごまかしながらプレイすることは出来た。しかし、今回ほどの強い痛みは初めてで、心配になり来院したそうです。

そこで、Sさんの1回目の整体施術では、テニスのような体の回旋運動で負担のかかりやすい、股関節や背骨の調整と、腕の捻じれの調整を主に行いました。

整体施術を始める前は、床に掌をついて体重を預けると、肘に痛みが出ていましたが、整体施術後は同じ姿勢をしても、肘に痛みが出なくなっていました。

肘の痛みが治まったことに、Sさんも「あれ、痛くない!」と驚かれた様子。

数日後、2回目の整体施術。

1回目の整体施術の後、1度テニスを行ったそうですが、その時に痛みがまた出てしまったとのことでした。

体の歪みを診て、股関節から胸郭の調整を行い、前腕だけでなく、肩から指先までの調整を行いました。

その後、数回の整体施術を受け、テニスを行う際にも肘の痛みがほとんどなくなり、テニスの試合にも出場。

Sさんには「お陰様で試合に出ることができました!ありがとうございます!」と喜んでいただきました。

現在も、肘の痛みが再発しないように定期的に来院され、痛みに悩むことなくテニスを楽しまれています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

お子さんの抱っこで肘から前腕に出た痛みがテニス肘と診断

30代女性 岩本町 Fさん

子育てで毎日お子さんを抱っこしており、ある日から徐々に肘や前腕に痛みが出てきたというFさん

痛みが出始めたころは、気にせずに過ごしていたそうですが、日に日に痛みが強くなってきたので病院で検査をしたところ、テニス肘と診断されたそうです。

Fさんは「テニスなんてしたこと無いのになんで?」と腑に落ちない感じでしたが、テニス肘がどういうものか説明したところ「なるほど!原因は抱っこだったんですね」と納得されていました。

Fさんの場合、左の肘と前腕に痛みが出ていたのですが、話を聞くと、お子さんを抱っこするときは常に左手で行っていました。

ですので、Fさんの整体施術では、お子さんを抱っこすることにより、大きく傾いてしまっていた骨盤の調整から、背中や腹部の緊張の弛緩、そして肩から腕の筋肉の緊張を緩めながら、捻じれをとるように行いました。

整体施術後は、今まであった肘から前腕の痛みが嘘のように無くなっており、Fさんも「痛くないです!」と喜んでいました。

今後も抱っこは続くので、整体施術後は、お子さんを抱っこする際の注意点や、自分でできる腕の捻じれを解消するストレッチをアドバイスしました。

Fさんは現在も定期的に来院されていますが、以前のように強い肘から前腕の痛みに悩むことは無く過ごされています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

自分でできるテニス肘予防・改善エクササイズ

テニス肘の方に役立つ5つのエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

足組みゆらゆら骨盤調整

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正

シムス位エクササイズ

<効果>

  • 背骨の土台になる骨盤を整える
  • 首、肩こりの緩和
  • 猫背の矯正

胸郭回旋ストレッチ

<効果>

  • 胸郭の可動域改善
  • 肩甲骨、鎖骨の歪み改善

前腕ゆらゆらストレッチ

<効果>

  • 腕の捻じれ改善
  • 肩の捻じれ改善

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早く症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢を取ったり、痛い動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

テニス肘の豆知識

テニス肘は、テニスをやらなきゃ大丈夫なの?

A. テニス肘は、その名前からテニスを行っている人に起きるものだと思われがちですが、テニス肘の正体は前腕部の筋肉の炎症です。

テニスで負担のかかりやすい筋肉なので、テニス競技者に多く、そのことからテニス肘と言われています。

デスクワークやお子さんの抱っこなど、腕をよく使う人は炎症が起きやすく、再発もしやすいので注意が必要です。

テニス肘にならないために、予防する方法は?

A. テニス肘を予防するには

  • 湯船によく浸かり、血流を良くすることで前腕の疲労をとる
  • 前腕の捻じれをとるストレッチを定期的に行う

といった方法が考えられます。

血流を良くすることは、疲労物質を流し、酸素や栄養素を運ぶため症状の予防改善につながります。

テニス肘を予防するには、前腕部分の捻じれを解消し、動作時にかかる肘関節や前腕の筋肉への負担を、軽減させることが重要になります。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 1.通常の整体とは全く違う施術をします 1.通常の整体とは全く違う施術をします 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 3.当院独自のストレット等のアドバイス 3.当院独自のストレット等のアドバイス 4.施術は短時間 4.施術は短時間 5.整体記録ノート 5.整体記録ノート

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

整体院東葉コンディショニングのテニス肘に対する施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

なかなか症状が改善しないと不安が募ります。

一人でお悩みにならずに、施術実績が多い当院にぜひ一度ご相談していただければと思います。

 

電話問い合わせ