03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

仕事に支障が出るほどの、足の痛み 岩本町20代男性

足が痛くなると、立っていても歩いていても、常に痛みに付きまとわれるので辛いですよね。今回は、足の痛みが酷く仕事にも支障が出てしまったKさんの症例を紹介します。

◆足の裏やふくらはぎの痛みが強く、仕事にも支障が出始め来院

仕事上、下駄を履いて歩くことが多く、繁忙期になると決まって足の裏やふくらはぎに、痛みが出てしまうというKさん。

痛みが強い時は、立っているのも辛く仕事にも支障が出始めたことをきっかけに、来院されました。

Kさんの体の歪みを診ると、足のアーチが崩れ、足首、足の指の可動域が狭くなり、立っている時や歩いている時に、足裏や脚全体に負担が掛かっている状態でした。

◆足裏のアーチの崩れが体に与える影響

本来、足には「内側縦アーチ」「外側縦アーチ」「横アーチ」があり、その3つのアーチが正しく形成されることによって、重心バランスが整いクッション性が生まれ、足裏への負担を軽減させることができます。同時に、下肢の各関節(足首、膝、股関節)を上手く連動することができます。

ですが、足のアーチが崩れると重心バランスも崩れ、下肢の各関節に負担が掛かったり、足底に負担が掛かってしまいます。それが、足底や下肢の関節の痛み、ふくらはぎや太ももの痛み、腰痛など、様々な症状の原因になってしまうのです。

では、足の痛みで来院された方への施術例とKさんの症例を紹介します。

◆足の痛みに対する整体施術例

【骨格バランスの調整】

まず初めに、うつ伏せの状態で骨盤の歪みの調整を行います。

足のアーチが崩れることによって重心バランスが崩れると、体の土台となる骨盤も崩れてきてしまいます。

【足のアーチの調整】

骨盤を安定させた後は、足のアーチ調整を行います。

足のアーチを作るために、踵の捻じれやアーチの中心となる立方骨の調整、偏平足や甲高(ハイアーチ)などの足の症状の原因の1つとなる、楔状骨の捻じれの調整を行います。

【下肢のバランス(下肢アライメント)を整える】

足のアーチ調整を行った後は、脚全体の関節の調整を行います。

脚全体の各関節の配列のことを「下肢アライメント」と言います。

重心バランスが崩れると、この下肢アライメントも崩れ、結果的に膝や股関節、腰の痛みにも繋がります。

下肢アライメントの調整を行うことで、足底だけでなく、脚腰の様々な痛みの予防にもつながります。

◆仕事に支障が出なくなるほど、足の痛みが改善

1回目の整体施術後、仕事に支障が出るほどの足の痛みは出なかったというKさん。

「今までマッサージなどにはよく通っていたけど、ここまで痛みが気にならなくなったのは初めてです!」

と、Kさんも喜んでいました。

仕事への支障は出なくなりましたが、まだ痛みは残ってたので、前回と同様に骨盤の調整から、足のアーチの調整、緊張の強くなったふくらはぎから太ももにかけて、よく筋肉を緩めるように施術を行いました。

3回目の来院時には、足の痛みはほとんど無くなり、違和感程度にまで症状が改善していました。

Kさんも「今まで足が痛くてたまらなかったのに、ここまで痛みが取れるなんて!」と嬉しそうに報告してくれました。
整体施術では、今までと同様に足のアーチの調整を行いながら、まだ緊張の強いふくらはぎと太ももの筋肉をよく緩めるように行いました。

【緊張の強い下半身の筋肉をよく緩める】

4回目の整体施術を受けるころには、足の違和感も無くなっていました。

下半身の筋肉の緊張はまだ残っていたので、よく緩めるように行いました。

また、足のアーチが整い、指先までうまく使えるようになってきていたので、足に負担を与えない、立ち方と歩き方のアドバイスも行いました。

◆足のアーチを作り、重心バランスを整えることができる、センターラインインソールも愛用!

足の痛みも違和感程度に落ち着いてきたところで、足のアーチを正しい状態に安定することができる、当院オリジナルのセンターラインインソールを、Kさんに使用してもらいました。

Kさんには、初めて来院された時から「足の痛みを解消するためには、足のアーチを取り戻すことが重要ですよ」と説明してきました。そして、実際に足のアーチの調整を中心に整体施術を行い、足の痛みが解消したことで「身をもって足のアーチの重要性が分かりました!」と納得した様子でした。

せっかく取り戻したアーチを崩さないように、Kさんはセンターラインインソールを購入され、今でも効果を実感しながら愛用されています。

ここで、Kさんにアドバイスした正しい立ち方と、自分で足のアーチを調整できるエクササイズを紹介します。

正しい立ち方

<効果>
・体の軸をつくる

足が痛い場合の改善や、再発予防につながりますので、同じような症状でお悩みの方は

試してみてください。

足のアーチの調整エクササイズ

かかと捻じりエクササイズ

立方骨持ち上げエクササイズ

楔状骨内方化エクササイズ

指趾伸展ストレッチ

 

以上の4つのエクササイズを行うことによって、自分で足のアーチの調整を行うことができます。

 

◆足の痛みが酷く、仕事にも支障が出ていたので、痛みが取れて本当に良かったです!

4回の整体施術が終わり、足の痛みも違和感もなくなってはいましたが、踵から指先までの動きが、まだ硬くなっていました。

そこで5回目以降の整体施術では、今までと同じように足のアーチの調整と、下半身の筋肉をよく緩めながら、踵から指先までうまく連動して使えるように調整しました。

最後にKさんは「足の痛みで仕事にも支障が出ていたので、痛みが取れて本当に良かったです!」と喜んでいました。

◆足のアーチだけでなく下肢アライメントを整え、脚全体が連動するように調整することが回復のポイント

Kさんの場合、足の痛みが強く出ており、その痛みをかばうようにしていたため、足のアーチだけでなく、下肢アライメントや全身のバランスも崩れていました。そのため、足のアーチ調整だけではなく、全身のバランス調整、下肢のアライメント調整をすることが、足の痛みの早期改善、再発予防のポイントになります。

Kさんは現在も、足の痛みが再発しないように、定期的に来院されています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

◆足の痛みが酷く、仕事にも支障が。。 岩本町 20代 男性

1~2年前から、ふくらはぎが凝り固まって痛みが出るようになり、知り合いに紹介して頂き来院しました。

先ず、初診時に姿勢診断を行い、自分の身体の歪みを測定しました。

そこで自分の身体のゆがみや普段からの姿勢の悪さを知ることができました。

普段の生活での何気ない動きや癖が原因で身体に歪みが生じ、痛みが出る箇所に負担が掛かっていることに気付かせてもらえたことが良かったと思います。

整体施術はゴリゴリと力任せに押したり引っ張ったりするのではなく、ゆらゆらと揺ながら身体の各パーツが本来あるべき場所に戻るように導いてくれるような施術を行ってくれます。

また痛い箇所だけを治療するのではなく、痛みの原因となる身体の歪みを矯正し、普段から正しい姿勢になるような施術です。

私のふくらはぎの痛みも、足の土踏まずを形成してしっかりと母指球を意識して立てるような施術をして頂き痛みも和らいできました。

治療以外にも、家でのストレッチや身体や筋肉の仕組みや動きについても、質問すると分かりやすく丁寧に教えて頂けます。

先生方もみんなやさしくとても雰囲気の良い整体院だと思います。

足の痛みで悩んでいる方にオススメ!センターラインインソールはこちら

センターラインインソールオフィシャルサイト

足が痛くてなんとかしたい、何をしていても常に足の違和感があるなどの症状でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

電話問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加