03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

かかとの痛みが酷く、歩くことも困難に…… 浅草橋60代女性

足を地面に着けられないほど、足裏やかかとに痛みが出てしまった……

 

そのような経験はありますか?足に痛みが出てしまうと、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

今回は、かかとの痛みにより歩くのも困難になってしまった、Mさんの症例をご紹介します。

 

Mさんの喜びの声

二年程前から、ある日突然激痛が走り、足裏のかかとを地面につけられない程になってしまいました。

何度か痛くなると注射で最初の頃は痛みが止まりましたが、だんだん注射では痛みがとれなくなり、つらい毎日が続きました。1ヶ月経っても痛みがとれず苦しみました。

そこで知人にこちらの根本治療である東葉コンディショニング治療院を教えて頂き、週2~3回通い治療を受けましたら、15日位で信じられない位足の痛みが消えていきました。かかとの腫れも小さくなっていき、つま先だけの歩きではなく、かかとも着けて歩くことができるようになりました。

とてもうれしく思います。ありがとうございました。

痛くなる前にもチェックしてもらい、いつも痛みのない健康な歩き方ができるようにしたいです。

 

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

◆かかとの痛みが酷く、歩行も困難になってしまい来院

趣味でテニスやゴルフを行っているMさん。

2年程前から急にかかとに痛みが出始め、そのころから趣味のテニスやゴルフを楽しめなくなり、それだけでなく踵を着けて立っていられないほど、日常にも支障が出始めていました。

 

そこで、Mさんのかかとの歪み方を診ると、かかとに痛みの出ている右足のアーチが崩れており、かかとが内反した状態で固まっており、足部の各関節(距腿関節、距骨下関節、リスフラン関節、ショパール関節)の動きもほとんどない状態でした。

 

 

Mさんは、踵に痛みが出始めた頃は、痛み止めの注射で処置していました。

そのため、踵の捻じれや足の各関節の動きが硬い状態で2年間もの間過ごしており、それが原因で地面に踵を着けられない程の痛みが出たのだと思われます。

そこで、初回の施術では、まず足のアーチの調整から始め、その後に下肢の筋肉の緊張を緩め、骨盤や背骨の調整を行いました。

 

Mさんの場合、踵が内側に捻じれ(内反足)、立っているときは、常時踵に負担が掛かっている状態になっていました。

また、それが原因で、重心バランスも崩れ、下肢全体の筋肉の緊張や、骨盤のゆがみもありました。

 

初回の整体施術が終わったあとは、地面に踵を着かなければ痛みが出ない状態になりました。

Mさんは、痛みが無くなるのか不安になっていましたが、何もしなくても出ていた踵の痛みが、1回の整体施術で改善したので、このまま整体施術を受けていこうと思ったそうです。

そして、2回、3回と整体施術を繰り返し、4回目の整体施術を受け終わるころには、踵を着けて立っても痛みが出ない状態まで症状が改善しました。

 

普通に立つことができるようになったところで、体に負担をかけない正しい立ち方と歩き方をアドバイスしました。

その日から、Mさんは毎日アドバイスした立ち方と歩き方を意識して過ごされ、8回目の整体施術を受け終わるころには、踵を着けて歩くと残っていた踵の痛みがほとんど気にならなくなりました。

今まではクッション性のある靴しか履けなかったのですが、どんな靴を履いても痛みが気にならない状態にまで、症状が改善されたのです。

 

Mさんはその後も通院を続け、踵の痛みで出来なくなっていたテニスやゴルフを今では楽しまれています。

 

施術例紹介

【骨格のバランス調整】

まず初めに、うつ伏せの状態で骨盤の歪みの調整を行います。

足のアーチが崩れることによって重心バランスが崩れると、体の土台となる骨盤も崩れてきてしまいます。

【足のアーチ調整】

骨格を安定させた後は、足のアーチ調整を行います。

足のアーチを作るために、踵の捻じれやアーチの中心となる立方骨の調整、偏平足や甲高(ハイアーチ)などの足の症状の原因の1つとなる、楔状骨の捻じれの調整を行います。

Mさんの場合、足のアーチの崩れの他にも、踵の動きが非常に硬くなっていたので、アーチの調整と踵の動きを出すことを中心に行いました。

【下肢のバランス(下肢)アライメント)を整える】

足のアーチ調整を行った後は、脚全体の関節の調整を行います。

脚全体の各関節の配列のことを「下肢アライメント」と言います。

重心バランスが崩れると、この下肢アライメントも崩れ、結果的に膝や股関節、腰の痛みにも繋がります。

下肢アライメントの調整を行うことで、足底だけでなく、脚腰の様々な痛みの予防にもつながります。

 

◆自分でできる踵の痛み改善・予防エクササイズ

踵に痛みがある方に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

足のアーチ調整1 かかと捻じりエクササイズ

<効果>

  • 踵の捻じれ調整

足のアーチ調整2 立方骨持ち上げエクササイズ

<効果>

  • 足のアーチの形成

足のアーチ調整3 楔状骨内方エクササイズ

<効果>

  • 足の捻じれの解消

足のアーチ調整4 足趾伸展ストレッチ

<効果>

  • 足趾の可動域調整

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早い症状回復が見込めます。普段から痛みが出るような姿勢や動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

足の痛みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

いかがでしたか?整体院東葉コンディショニングでは、踵の痛みに対し、踵だけではなく、足のアーチの調整、下肢アライメントの調整、全身の骨格バランスの調整を行うことにより、根本的に痛みが出ない状態に、体を導いていきます。

Mさんと同じように、踵の痛みで悩んでいる方、足の痛みで悩んでいる方は、お気軽に整体院東葉コンディショニングにご相談下さい。

 

電話問い合わせ

 

 

◆関連記事

・症状専門ページ:足底筋膜炎

https://dekiru-no1.com/sokuteikinmakuen/

・症状専門ページ:外反母趾

https://dekiru-no1.com/gaihanboshi/

・来院者さんの喜びの声

https://dekiru-no1.com/voice-shorei/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加