03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

腰椎椎間板ヘルニアによる激痛とお尻の痺れ 秋葉原40代女性 Iさん

腰椎椎間板ヘルニアになると、腰の痛みだけでなく足やお尻に痺れを感じ、日常生活にも支障が出て辛いですよね。

今回は腰椎椎間板ヘルニアにより、身動きをとるのすら難しくなってしまったIさんの症例をご紹介していきます。

◆腰椎椎間板ヘルニアにより腰に激痛が生じ、病院で手術を勧められてしまい整体院東葉コンディショニングに来院。

1か月ほど前から激しい腰の痛みに悩まされ、整形外科や病院に行ったところ、手術をするしかないと見放されてしまい困り果ててたIさん。何か良い方法はないかと治療院を探している内に、整体院東葉コンディショニングを見つけ、藁にも縋る思いで来院されました。

◆生理弯曲の崩れが腰に与える影響

本来、背骨は生理弯曲と呼ばれるS字カーブになっていて、頭の重さを背骨全体で受けとめ、そこから骨盤、下半身へと負荷を分散していく構造になっています。しかし、この生理弯曲が崩れてしまうと、頭の重さを背骨全体で支えきれなくなり、腰や背中・肩に過度な負担が掛かり続け、痛みや重だるさ、場合によっては腰椎椎間板ヘルニアのような骨や軟骨にまで支障をきたします。

Iさんの場合も生理弯曲が崩れた結果、椎間板に負担が掛かり続け髄核が飛び出し、それが神経に触れ、痛みやしびれが出る腰椎椎間板ヘルニアになってしまったのです。

1回目の整体施術は、腰の痛みが激しすぎて、体のどこの部分に触れても痛がるため、Iさんには一番楽な姿勢になってもらい、カラダに軽く触れるようにアプローチする、カラダ全身の緊張を緩和させるための手法を中心におこないました。

2回目、3回目の来院では、初回の時にはカラダのどこに触れても激痛が走っていたのが、肩から腕であれば触れることができるようになっていたので、腕の捻じれの調整をおこない体幹部への負担を軽減させていきました。

4回目の施術では、全身に触れても大丈夫になり、通常の整体手法を用いてカラダ全身のバランス向上と脊柱の生理弯曲の正常化を図っていきました。

 

ここで、Iさんの整体施術例をご紹介します。

整体施術では、背骨(脊柱)の生理弯曲を本来のS字カーブに戻すため、施術台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらいました。(下写真)

四つ這いの姿勢をとることで、内臓から骨盤に掛かる圧迫を一時的に緩和することができ、骨盤周りの調整や生理弯曲の形成をおこないやすくなります。この姿勢では、体の前側に重力が掛かるため、後弯していた腰部の脊柱が徐々に前弯を取り戻し、本来の自然なS字カーブが形成されていきます。

【脊柱の生理彎曲の正常化】

脊柱の生理弯曲の正常化

四つん這いの姿勢で生理弯曲を本来のS字カーブに戻し、背骨の歪みを調整したところ、前屈・後屈の動作をしても、腰の痛みが軽減し、動きやすくなっていました。

「もう本当に手術をしなければならないのかと悩んでいたけど、痛みが徐々にとれて楽になってきた!」と、Iさんはとても喜んでいました。

生理弯曲を本来の状態に調整した後は、残っている腰背部から肩にかけての緊張をゆるめていきます。

【骨盤調整シムス位】

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。左右同じように行うことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、背骨のねじれを調整していきます。

【腰背部の緊張をとる】

骨盤、背骨の動き改善

骨盤と背骨の歪みを調整した後は、生理弯曲が崩れたことにより硬くなった腰背部の緊張をとります。

【腸腰筋群を緩める】

お腹の奥にある腸腰筋群は、股関節を動かす時に使う筋肉です。ここが硬くなると、歩行時の股関節への負担が大きくなります。また、この筋肉が強く収縮すると骨盤が前傾することから、姿勢を保持するためにも使われていることが分かります。お腹側から、腸腰筋を軽く圧迫することで緩めます。腸腰筋が弛緩することで歩行時の股関節の動きをスムーズにし、正しい姿勢を保ちやすくします。

【仙腸関節可動調整】

うつぶせで、仙骨に優しく触れて施術します。骨盤の真ん中に位置する仙骨と骨盤の両側に位置する腸骨の間にある関節を仙腸関節と呼びます。仙腸関節が正しく動かせるように調整することで、上半身からの荷重をしっかり支えられるようになり、歩く、走る、座る動作で痛みが出ないようにしていきます。

【腰椎椎間板調整(腰椎椎間板ストレッチ手法)】

正座をしてもらい、腰の下付近にある仙骨を手で固定し施術します。

正座の姿勢から上体をゆっくり前方に倒していくことで、背骨がストレッチされ、柔軟性を高めることができます。

 

5回目の施術後には、もうほとんど痛みを感じなくなる程に回復しており、Iさんも「こんなに早く良くなるなんてびっくりしました!本当にありがとうございます」と喜んで報告してくれました。

来院当初は腰椎椎間板ヘルニアにより、日常生活にも支障が出るほどの強い痛みが腰にでて、さらにその強い痛みが全身緊張状態を招き、カラダ全体が刺激に敏感な状態になっていました。その過剰な緊張状態を改善しながら、骨格のバランス調整をしていき、椎間板にかかる負担を軽減させていくことで、みるみる症状が回復していきました。

根本的に腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛を解消するためには、骨盤の歪みと背骨のS字カーブを調整することが重要!

Iさんの腰椎椎間板ヘルニアによる腰の痛みを緩和させるために、アドバイスしたストレッチは、こちら。

足組みゆらゆら骨盤調整

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正
  • 腰痛の緩和

ひざ抱えゆらし

<効果>

  • 腰背部から股関節周りの筋肉の緊張緩和
  • 椎間板の柔軟性向上

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状改善、再発予防につながりますので、同じような症状でお悩みの方は、是非試してみてください。

◆痛みに過敏になった状態を解消し、骨盤・背骨のS字カーブを調整することが、腰椎椎間板ヘルニアによる腰の激痛を改善させるポイント

腰椎椎間板ヘルニアを改善するポイントとしては、椎間板のみにアプローチするのではなく、骨盤から背骨全体の連動性を出すように骨格調整を行い、全身の骨格バランスを整え、さらに背骨の生理弯曲の調整から腰背部、肩甲骨と、順番に筋肉の緊張を緩め血流を改善していくことが大切です。

「最初は、本当にどうなるかと思っていたけど、みるみる症状が回復し本当に東葉コンディショニングに来て良かったです」とIさんは嬉しそうに話してくれました。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

◆腰椎椎間板ヘルニアによる激痛とお尻の痺れ 秋葉原 Iさん 40代 女性

秋葉原 I  さん 女性

約1ヶ月前まで別の整形外科に通院していましたが、コルセットをしていても腰・お尻のしびれが消えず、それどころか悪化していった為、すがるような感じで来院しました。(あお向けでも、うつ伏せでも寝ることが出来ませんでした)

来院初日から腰・お尻のしびれが消え、2回目、3回目と来院する度に腰が楽になっていくのを実感しています。

現在自宅ではコルセットを巻かずに生活が出来ています。(通勤ではまだまだコルセットが……)

あお向けの状態でも痛みが出なくなりました。

初日では考えられない位の回復だと満足しています。

手術や注射をしなくて済みそうなので良かったです。

継続して通院していきたいと思います。

 

正しい姿勢を身に着けたい方にオススメ!整体枕はこちら

センターラインピロー

 

腰椎椎間板ヘルニアで、長年腰が痛くなんとかしたい、常にある腰の重さが取れないなどの症状でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

電話問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加