03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

ギックリ腰による激痛で歩くのも困難に 浅草橋 50代女性

ギックリ腰のような急性腰痛を、経験したことのある方は少なくないと思います。

ギックリ腰を引き起こしてしまうと、歩行や日常での何気ない動作時にも痛みが出てしまい、大変ですよね。

 

そこで今回は、ギックリ腰による腰の激痛がきっかけで来院された、Tさんの症例をご紹介します。

 

 ◆ギックリ腰による激痛で歩くのも困難に 浅草橋

 

ギックリ腰がきっかけで通院しています。ギックリ腰の時は1度の施術ですぐに歩けるようになったので、それ以降、身体のメンテナンスをしています。

1番大きく変わったのは、姿勢がよくなった事です。

ダンスをしているので、大変うれしく思っています。

また、ハードな練習などで体に負担が掛かった時はひどくならないうちに治してもらっています。

特に腰の痛みなどはすぐに楽になります。

 

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

◆症例紹介

ギックリ腰による腰の激痛で悩んでいた時に、知人の紹介で来院されたTさん

今まで、多少の腰痛は何度か経験してきたものの、ギックリ腰のような急性痛は今までに経験したことがなく、歩くのも困難になり困っていたTさん。

どうすれば良いのかと困り果てていた時に、同じ腰痛で整体院東葉コンディショニングで整体施術を受けていた方の紹介で来院されました。

背骨を中心に全身のバランスを整えるように整体施術を開始

ギックリ腰になる以前から、慢性的に腰に痛みがあり、ひどい時は痛み止めを服用することもあったTさん。

腰の痛みが強く、足を引きずりながらしか歩けない状態で、来院されました。

 

慢性的に腰痛があるとのことだったので、体の歪みを診ると、背骨のS字カーブ(生理弯曲)が崩れ猫背になっており、腰椎や腰方形筋・脊柱起立筋など、腰背部に過度な負担が掛かっている状態でした。

そこで、1回目の整体施術では全身の骨格バランス調整を行った後、背骨のS字カーブ(生理弯曲)を正しい状態に調整しながら腰背部の筋肉の緊張を取るように行いました。

整体施術後、腰の痛みが強く、足を引きずりながらしか歩けない状態だったのが、痛みを気にせず普通に歩ける状態にまで回復。

Tさんも「あれ!?あんなに痛かったのに、今は全然痛くない!」と大変喜ばれていました。

 

翌日、2回目の整体施術。

Tさんは、「痛みも全く気にならなくなり問題ない」と仰っていましたが、体の歪みや筋肉の緊張を診ると、背骨のカーブは正常な状態に戻ってはいたものの、まだ腰背部から臀部に掛けての緊張が残っている状態でした。

そこで、Tさんにまだ緊張が残っている事、ギックリ腰による腰痛はなくなったが、慢性的にある腰痛を改善していくには残っている緊張を取り、体を正しいバランスに癖付けすることが大切だということを説明すると「そうですよね。よろしくお願いします!」とご自身の健康に対して前向きになっていました。

整体施術では、腰背部の緊張を軽減させるために、立っている時の土台となる足部から調整を始め、下肢アライメント(下肢の各関節の連結)調整、骨盤周りの関節(仙腸関節・股関節)の調整、背骨調整を行い、全身のバランスが整った状態で腰背部から臀部の筋肉を緩めるように行いました。

整体施術後は、「痛みが気にならない」状態から、「体が軽く、むしろ調子が良い」状態にまで改善されました。

症状も見違えるように改善されたので、3回目の来院は1週間後となりました。

 

3回目の来院時、Tさんは「日常生活の支障がなくなって、違和感なく歩けるようになった!」と喜んでいました。

整体施術では、2回目同様、全身の骨格バランス調整を行いながら、腰背部を中心に行いました。

ギックリ腰になってから2週間が経過し、その期間腰の痛みに悩むことなく過ごすことが出来、Tさんも「腰の痛みを忘れるくらいに回復しました。ありがとうございます!」と喜んでいました。

 

現在は、腰痛再発予防、身体のメンテナンスの為に定期的に整体院東葉コンディショニングに来院され、痛みに悩むことなく過ごされています。

 

◆施術例紹介

ここで、Tさんに行った整体施術例をご紹介します。

【脊柱の生理弯曲の正常化】

脊柱の生理弯曲の正常化

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。

四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

【骨盤調整シムス位】

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。

左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

【腰背部の筋肉弛緩、骨盤、背骨調整】

あおむけで骨盤を優しくゆらしながら、腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

腰背部から背中全体の筋肉の緊張が解消されると、生理弯曲や骨盤のゆがみも正常になり、背骨一つ一つの動きも改善されます。

【脊柱可動調整】

うつ伏せに寝てもらい、背骨の曲がり具合や歪みを確認します。

首から腰まで縦に連なった背骨一つ一つの緊張や圧迫で動きが悪くなっている箇所を確認し、調整を行います。背骨の歪みが取れ、姿勢を保持することが出来るようになります。

【腰椎椎間板調整(腰椎椎間板ストレッチ手法)】

正座をしてもらい、腰の下付近にある仙骨を手で固定し施術します。

正座の姿勢から上体をゆっくり前方に倒していくことで、背骨がストレッチされ、柔軟性を高めることができます。

 

◆自分でできる腰の痛み改善・予防エクササイズ

浅草橋のTさんにアドバイスしたストレッチはこちら。

骨盤コロコロストレッチ

<効果>

  • 骨盤の歪み調整
  • 股関節の可動域改善
  • 腰、股関節の連動向上

シムス位ストレッチ

<効果>

  • 骨盤、背骨の歪み矯正
  • 首、肩周り、腰背部の緊張緩和
  • 股関節、肩甲骨の柔軟性・可動域改善

 

腰痛の症状の改善、再発予防につながりますので、同じような症状でお悩みの方は、是非試してみてください。

 

◆腰痛を予防・改善したい方にオススメ!寝るだけで背骨の調整をしてくれるセンターラインピローはこちら

センターラインピロー

 

ぎっくり腰や慢性的な腰痛などの症状でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

電話問い合わせ

 

◆関連記事

・症状専門ページ:慢性腰痛

https://dekiru-no1.com/manseiyoutsuu/

・症状専門ページ:頭痛

https://dekiru-no1.com/zutsu/

・来院者さんの喜びの声

https://dekiru-no1.com/voice-shorei/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加